ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エプソン、Androidスマートグラス「MOVERIO BT-200」のレンタルサービスを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エプソンは 12 月 10 日、Android 4.0 を搭載したメガネ型デバイス(スマートグラス)「MOVERIO BT-200AV」のレンタルサービスを開始しました。MOVERIO のレンタルサービスは、エプソンの公式サイトで申込みを行うだけで MOVERIO 一式が自宅まで郵送され、到着した翌日から 4 日間試用できるというものです。残念ながらタダではありません、一回のレンタルで 3,000 円(税込み、送料込み)のレンタル料が発生します。レンタル料は発生しますが、MOVERIO は 6 万円程度の高価な製品なので、それを購入することなく数日試せるのは払う価値があると思います。MOVERIO BT-200 は、シースルータイプの液晶ディスプレイ(解像度 960 × 540 ピクセル)を搭載しており、メガネのように装着して利用するウェアラブルデバイスです。ディスプレイ越しに外の風景も眺めながら、WEB ページや YouTube 動画などのスマートフォンのコンテンツを表示できます。Source: エプソン


(juggly.cn)記事関連リンク
モジュール型スマートフォン「Vsenn」は複数のOSをサポート
Google、Android版ハングアウトのメジャーアップデートを発表、アプリUIが完全にMatetrial Design化、スタンプやビデオ通話時のフィルタ機能なども追加
Xperia用Social Liveがv1.0.25にアップデート、映像の公開範囲から「カスタム」が削除される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP