ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私いま…見られてる? という妄想が「いい女」をつくる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


疲れて家に帰った夜や、ダラけたいお休みの日。
外ではシャキっとしていても、家のなかや、知り合いがいない街では、無意識に口角が下がったり、姿勢がぐったり曲がってしまったりと、気が抜けてしまうこともありますよね…。
そんなときに自分を支える方法として、ぜひ役立ててほしいのが「妄想」です。

いま私見られているかも…という妄想

何を妄想するかというと、「私、いま見られているかも」ということ。
私の場合「いま、ドッキリを仕掛けられてるかも!?」と考えてます。よくあるテレビ番組の、アレ(笑)。部屋にひとりでいるときや、お店のなか、移動中の表情など恥ずかしい場面がいっぱい撮られてるやつです。
また、「これはドラマの収録現場なんだ」と思うのもよし。「好きな人が後ろを歩いている」と思うのもよし。
たとえ妄想でも、誰かの視線を意識することで、自分の姿勢を正してくれるんです。見られていると意識すると、下手なことはできなくなって、一挙一動を「魅せるもの」として行動することができます。

「見られている」という意識が女性を美しくする

結局のところ、女の子をキレイにするスパイスは「人の目線」なのだと思うのです。
デビュー当時は冴えなかったアイドルが、いつの間にか痩せてキレイになって輝いていくのはよくある話。
私がプロデューサーをつとめている「撮影女子会」でも同様です。女の子たちは自分にカメラを向けられることで、わずか数時間でどんどんキレイになっていきます。その瞬間は、いつも見ていて驚かされるほど。
あなたも「妄想力」を鍛えて、素敵でかわいい女性に近付いてみませんか?
衣装協力/ニット、スカート(Suger Rose/シュガーローズ)、ラインストーンネックレス(imac/イマック<Amazon.co.jp>)


(グリッティ)記事関連リンク
愛され女子に聞いた、彼とずっと仲よく暮らす方法
【グリッティ白書】ひとり時間を楽しみながらも、世界を広げていくアクティブ女子
これひとつあればOK! かわいい写真を撮る方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP