ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これぞ俺たちの求める“シャマラン感” 心理サスペンスを描くテレビドラマが日本でいち早く観られるぞ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


映画『シックス・センス』(’99)で一躍その名を世界に広めた鬼才、M・ナイト・シャマラン監督。そんな彼がテレビシリーズに初挑戦して描く心理サスペンス・ドラマ『Wayward Pines(原題)』が、2015年5月、海外ドラマ・エンターテイメント専門チャンネルのFOXにて日本独占初放送されることが決定しました。

米国のベストセラー小説『Pines』を原作にした本作は、シークレット・サービスの捜査官イーサン・バークが、失踪した2 人の同僚を捜索中に、アイダホ州のウェイワード・パインズという田舎町で交通事故に遭うところから始まります。その後、意識を取り戻したイーサンは、ID や所持品を全て失い、町の外への連絡は不通。一見すると平穏な住宅地ウェイワード・パインズの中で見え隠れする住人たちの不可解な行動に、大きな不信感を募らせていきます。そして、毎話謎が生まれる予測不能でミステリアスな展開の中、イーサンはこの不気味な町に潜む驚きの真実へと迫っていきます。

主人公が何も分からぬままミステリーへ巻き込まれていく展開は、いかにもシャマランっぽい! 最近のシャマランと言えば、『エアベンダー』(’10)や『アフター・アース』(’13)などのSFアドベンチャー大作に夢中のご様子。観客としては、我々が期待する(?)『サイン』(’02)とか『ヴィレッジ』(’04)とか『ハプニング』(’08)のような風呂敷を広げすぎなトンデモ展開を忘れてしまったのかと、少し寂しい思いをしていました。もちろん、新作ドラマがどんな展開になっていくのかは観てみないと分かりませんが、ストーリーだけを読めば観たかったシャマランが帰ってくる! と言っても過言ではなさそうです。広げた風呂敷をきちんと畳めるのか、シャマラン監督の手腕に疑問……じゃなくて、き、期待です!

主人公イーサン・バークを演じるのはアカデミー賞助演男優賞ノミネート経験を持つマット・ディロン。そのほか、メリッサ・レオ、ジュリエット・ルイス、テレンス・ハワードといったアカデミー賞受賞・ノミネート経験を持つ実力派俳優たちが出演する本作。テレビシリーズ初挑戦となるシャマラン監督の新作が日本でいち早く観られるのもうれしい限りです。

『Wayward Pines(原題)』放送スケジュール

1話60分/全10話
FOX チャンネルにて2015年5月、日本独占初放送
米国では、5 月14 日(木)放送スタート予定

(c)2014 FOX BROADCASTING

カテゴリー : エンタメ タグ :
よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP