ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Rake、台湾映画『KANO』主題歌を中孝介とのコラボで来年1/21リリース決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仙台出身・在住アーティストのRakeが、12月9日に地元・仙台で毎月開催しているカバー曲を中心としたライブ「Room9~Rake Sweet~」で、来年1月に日本で凱旋上映となる話題の台湾映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』主題歌をシングルCDとして発売することを発表した。Guest Vocalに中孝介を迎え入れたコラボでのリリースとなることも明らかとなった。

「Room9~Rake Sweet~」は、今年4月からアーティスト名のRake(レイク)になぞらえて毎月9日(09=レイク)に毎月開催している企画ライブ。仙台のFM局で毎回洋楽のカバー曲を披露しているレギュラーコーナー「Rake~I Sing a Song~」から派生した50名限定のプレミアムライブで、今回12月がファイナル公演となっていた。

この日はリクエスト・スペシャルとして事前に募集したリクエストで投票の多かった「接吻」「田園」「月光」「PRIDE」「I LOVE YOU」などのカバー曲に加えて、楽屋で作ったという新曲も即興で披露するなど特別な内容でファイナル公演の幕を閉じた。

ライブ終了後には「今日は発表があります!次のリリースが決定しました!来年日本でも公開になる台湾映画「KANO」の主題歌を1月21日に中孝介さんとのコラボでリリースします!台湾アーティストも参加したバージョンも入る予定なので、楽しみにしていて下さい!」と発表。

台湾映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』は、日本統治時代の1931年、台湾代表として夏の甲子園に初出場し準優勝した嘉義農林学校(嘉農)野球部の実話が基になっている映画。台湾の漢族や先住民族、日本人が力を合わせ、甲子園出場の夢に向かってまい進する姿を描いている。今年2月に台湾で公開され歴史的大ヒットを記録し、日本では来年1月24日に全国公開される。

同映画の主題歌「風になって~勇者的浪漫~」は中孝介とのコラボでRake自身9枚目のシングルCDとして来年1月21日に発売される予定。

なお、12月14日には今年の集大成となるワンマンライブを地元・仙台の電力ホールにて開催する。

リリース情報
シングル「風になって~勇者的浪漫~/Rake feat.中孝介」
2015年1月21日(水)発売

[ボーナスCD付初回盤]ESCL-4351~2 1,667円+税

[通常盤]ESCL-4353 1,204円+税

ライブ情報
Rake LIVE2014 MUSICMANSHIP ~ONE to ONE~
日程:2014年12月14日(日)OPEN 15:15 / START 16:00
会場:仙台電力ホール

映画情報
『KANO~1931海の向こうの甲子園~』
2015年1月24日(土)より新宿バルト9他全国公開
出演:永瀬正敏、大沢たかお、坂井真紀 ほか
主題歌:「風になって~勇者的浪漫~」
Rake、中孝介、ファン・イーチェン、スミン、ルオ・メイリン(EPICレコードジャパン)
製作総指揮:ウェイ・ダーション
監督:マー・ジーシアン
脚本:ウェイ・ダーション、チェン・チャウェイ
プロデューサー:ウェイ・ダーション、ジミー・ファン
音楽:佐藤直紀
制作会社:果子電影有限公司(ARS Film Production)
配給:ショウゲート

関連リンク

Rake オフィシャルサイト:http://www.rake.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。