ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“中華街カレー” ブームのパイオニア的存在! 横浜中華街の老舗店で50年以上前から提供している絶品カレーとは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

横浜のココがキニナル!

中華街近辺にカレー屋が複数出店していますが、メニューにカレーを載せている店、裏メニューでカレーを出す店も多いので、中華街でカレー特集をまたやってみては?(bjさんのキニナル)

はまれぽ調査結果
中華街カレーブームの先駆けともなった「同發本館」と「北京飯店」の歴史あるカレーをご紹介。そのちょっとキニナル調理法も大公開!

最近、横浜中華街で密かなブームとなっているカレー(ライス)。ここ1~2年の間に日替わりランチや定番メニューとして、カレーを出し始めるお店が一気に増加。中華風のアレンジカレー、エスニック&本格インド風、まかないスタイルの気まぐれカレーなど、各店ごとに特色のあるオリジナルカレーを提供し、テレビや雑誌などでもたびたび話題となっている。

そこで今回は、ブームとなるはるか以前から中華街でカレーを提供している2つの老舗店にクローズアップ。広東料理店「同發(どうはつ)本館」と北京料理店「北京飯店」で50年以上愛され続けている、知る人ぞ知る絶品カレーをご紹介しよう。

何を隠そうディープな中華街マニアの筆者、いつも以上にリキを入れて、編集部の山岸&小島とともに中華街へ向かった。


やってきました~横浜中華街

中華街大通りに建つ広東料理の老舗「同發本館」

まずは中華街大通りに店を構える「同發(どうはつ)本館」さんへ。


中華街大通りに建つ瀟洒(しょうしゃ)な佇まいの店舗ビル

焼き物・乾物の店として明治期に創業して以来、古き良き時代の中華街の伝統を守り続ける広東料理の名店「同發本館」。その店名には、「お客様と共(=同)にあり、共に発展(=發)していきたい」という思いが込められているという。


アットホームで落ち着いた雰囲気の1階フロア


優雅でノスタルジックな雰囲気が漂う2階フロア


モダンな社交場を思わせる2階の天井。華麗!


店名をあしらった小皿もレトロな趣き

同店では厳選素材を使った海鮮・肉・野菜メニューから麺・飯メニューまで、味わい豊かな本格広東料理を幅広く提供。何よりも創業時から続く焼き物メニューは、同發ならではのこだわりの逸品として、古くからの常連さんやグルメファンにも厚い支持を集めている。


焼き方もタレも香辛料も秘伝の焼き物メニューがずらり


店頭のウインドーに並ぶダックやチャーシューなどの焼き物は、お持ち帰りもOK 

そして数ある逸品料理の中でも、お品書きには載っていない裏メニューとして(密かに?)知られているのが、こちらの「咖哩飯(カレーライス)」である。


咖哩飯(880円・税込)

「実は昨年、たまたま当店を訪れた新聞社の方が『中華街の老舗でカレーが食べられる』と記事に取り上げてくださったんです。それから次第に中華街のカレーがクローズアップされるようになり、最近のブームにつながったのではないでしょうか」とマネージャーの齋木真二(さいき・しんじ)さんは話す。


中華街コンシェルジュも務める同店マネージャーの齋木さん

この咖哩飯は50年以上前に誕生したまかないのカレーで、常連さんのリクエストで提供するようになったという。当時から基本的なレシピは変わっておらず、具材はシンプルにタマネギと豚肉のみ。「特徴をひと言で言えば“そば屋さんのカレーの中華版”といったところでしょうか」と齋木さん。

また、「カレーに排骨(豚肉のスペアリブ)をトッピングして」というお客さんからのリクエストで、5年ほど前からは「排骨咖哩(パイコーカレー)」も裏メニューに追加。咖哩飯にカラッと揚げた排骨をたっぷり乗せたボリューム満点の一品だ


排骨咖哩(990円・税込)

ということで、今回はガッツリ食べ応えのある排骨?哩をオーダー。いただく前に「どうせなら作っている所も見てみたい」とお願いしたところ、齋木さんのはからいで厨房取材もOKに! さっそく厨房にお邪魔して、調理の様子を間近で見学させていただいた。

排骨咖哩が出来上がるまで

では、ちょっとキニナル調理レポートからスタート。


カレーを作ってくださったチーフの今井さん

同店のカレーは具材を煮込まずに仕上げているのが特徴。カレーソースは作り置きせず、オーダーがあるたびに1人前ずつ作っている。
「味の決め手となるのがウスターソース。ソースにはいろんな調味料が入っているから、味に深みが出るんだよ。あとは、砂糖を少し多めに入れることかな」と今井チーフ。


カレーの具材は豚肉とタマネギのみ


カレーの風味を付けたトッピング用の排骨


まずは排骨を油に投入。生の骨付き肉なので、7~8分かけてじっくりと揚げる


排骨を揚げている間に、油通しした豚肉とタマネギをサッと炒め、


カレー粉などの調味料を加えてよくかき混ぜ、


全体が馴染んでトロミがついたら出来上がり

カレーソースが出来上がるまで約3分。カレーは何時間も煮込むというイメージがあるが、その常識をくつがえす驚きの早業である。
そして、カレーソースが出来上がったタイミングで排骨も揚げ上がり、いよいよ最後の仕上げに。


カラッと揚がった排骨を、


食べやすい大きさにカット。サクッサクッといい音~


ご飯の上に排骨をトッピングして、片側にカレーソースを盛り付ければ完成!


見ているだけで、もうたまりません

いよいよ、お待ちかねの試食タイム

排骨咖哩が完成し、いよいよ次はお楽しみの試食レポート。
“食べ盛り”の小島が「もう待ちきれない!」といった様子なので、さっそくいただきます!


大口でかぶりつく小島


思わずニンマリ。幸せ・・・


カレー&ご飯&排骨が、混然一体となって攻め込んできます

カレーソースはコクのある濃厚な味わいで、ひと口食べると最初は甘口に感じ、後からスパイシー感が追いかけてくる感じ。タマネギの程よい食感&甘みと豚肉の旨み、マイルドに溶け合うソースの香味にますます食欲がそそられる。
カレーの風味が効いた排骨はとっても柔らかくてジューシー。香ばしい排骨にカレーソースがトロリとからんで絶妙にマッチ、かなりのボリュームなのに速攻完食してしまった。


あっという間に完食。ご馳走さまでした!

こちらの咖哩飯と排骨?哩はメニュー表には載っていないが、注文すればいつでも提供してくれるので、ぜひ気軽にオーダーしてみてはいかがだろう。お腹いっぱい食べたい腹ペコ男子はもちろん、女性でもペロリと食べ切れてしまうはずだ。

朝陽門とともにそびえる北京料理の名店「北京飯店」

中華街の老舗の絶品カレー、お次は朝陽門(東門)前の北京料理店「北京飯店」さんから。


朝陽門前に堂々たる姿で建つ店舗ビル

1955(昭和30)年の創業以来、北京・宮廷料理の伝統の味を提供する北京飯店。看板メニューの北京ダックから気軽な麺料理まで多彩なメニューをそろえ、小籠湯包(ショウロンタンタオ)をはじめとする手づくりの饅頭類にも定評がある。


肉汁あふれる一番人気の小籠湯包(3個600円・8個1500円<税別>)


シックで落ち着いた雰囲気の1階フロア


宴会や会食にもぴったりな2階フロア

ちなみに風格ある店名のロゴは、あの中国のラストエンペラー愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)の親戚にあたる書家・溥儒(ふじゅ)氏が記したものだとか。


看板の右端に「溥儒」の署名と印がある

そんな北京料理の老舗が提供するカレーがこちらの2品。創業時から続く定番メニュー「牛ヒレ肉の中華カレーライス」と「鶏肉の中華カレーライス」だ。


牛ヒレ肉の中華カレーライス(1500円・税別)


鶏肉の中華カレーライス(1200円・税別)

ところで、なぜ北京飯店では50年以上前の創業時からカレーを提供していたのだろうか? 

同店3代目常務の奥様として店を切り盛りする王子惠真(おうじ・えま)さんによると、「先々代の創業者・王子烈(れつ)が外交官をしていたため、外国人のお客様も多くいらっしゃることから、海外の方にも親しみのあるカレーをメニューに加えたのだと思います。また、カレー粉自体も排骨などの味付けに使われる中華料理の身近な調味料でした。そこから当店の『牛ヒレ肉のカレー炒め』という一品料理が生まれ、その味をお一人様でも気軽に楽しんでいただけるよう、ご飯を添えたのが始まりと聞いています」とのこと。


牛ヒレ肉のカレー炒め(2~3人前2800円・4~6人前4200円<税別>)


一品料理「ピリ辛ナス炒め」を気軽に味わえる麺メニューも人気(1200円・税込)

また、中華街でカレーを提供している“意外性”いう点でメディアにも注目されやすく、特にここ1~2年はテレビや新聞などの取材が一気に増えたそうだ。そうした各メディアからの発信が、最近のカレーブームのきっかけになったのでは……と王子さんは話す。


中華街コンシェルジュも務める王子惠真さん

あっという間に2品のカレーが完成

そして、こちらでもカレーの試食を前に、作っている様子を見せていただきたいと王子さんに願いしたところ、「ぜひどうぞ」と快くOKしてくださった。やはり中華街のお店の厨房にお邪魔できるのは貴重な体験だ。中華街マニアの筆者としても、ますますテンションが上がる。


カレーを作ってくださったコックの温(おん)さん

牛ヒレ肉の中華カレーライス・鶏肉の中華カレーライスともに、基本的な作り方は同じ。油通しした肉とタマネギを炒め、独自にブレンドしたオリジナルのカレー粉・鶏ガラスープ・調味料・水溶き片栗粉を加え、サッと炒め合わせて完成。

味の決め手は、半日かけてじっくりダシをとった同店自慢の鶏ガラスープ。上質な肉の旨みと食感を生かすために、具材を煮込まず短時間で手早く仕上げ、牛ヒレ肉のカレーは醤油、鶏肉のカレーは塩で味を調えているそうだ。


具材の牛ヒレ肉とタマネギ


具材の鶏肉とタマネギ

「じゃあ、さっそく作るよ。あっという間にできちゃうから、見逃さないでね!」と温(おん)さん。「え~、そんなに早いの??」と身構えつつ、ちょっとワクワク&ドキドキ。


まず、油通しした肉とタマネギをササッと炒め、


カレー粉・調味料・鶏ガラスープを加えて炒め合わせ、


水溶き片栗粉を加えて手早く火を通し、


ご飯の上に盛り付けて完成

温さんの言葉通り、完成までの調理時間は何と2分弱! まさに、あっという間のスピード技である。先にご紹介した同發本館のカレーもそうだったが、中華スタイルのカレーは作り置きせず、煮込まないのがポイントのようだ。

中華料理の炒め物は強火でサッと炒め合わせたものが多いが、カレーも中華では炒め物のひとつなんだと妙に感心してしまった。


琥珀色のソースをまとった艶やかな牛ヒレ肉&タマネギ


黄金色のソースがからんだプリプリの鶏肉&タマネギ

2種類の絶品カレーを食べ比べ!

こうして、あっという間に完成した2種類のカレーは、上階の厨房からダムウェーター(小型エレベーター)で下階の客席フロアへ。出来立ての熱々カレーが、さっそくテーブルに運ばれてきた。
ではでは、いただきます!!


まずは、鶏肉の中華カレーライスから

鶏肉のカレーは、優しい塩味でとても上品な味わい。程よい食感のタマネギとプリッとした鶏肉の歯応えが心地よく、それぞれの素材の滋味がしっかりと感じられる。あっさりしているのに深いコクがあるのは、やはり特製の鶏ガラスープを使っているからだろう。


お次は、牛ヒレ肉の中華カレーライス

こちらの牛ヒレ肉のカレーは、ほんのり醤油味のどこか懐かしい味わい。辛さはないが、鶏肉のカレーと比べるとちょっぴりコショウが効いている感じ。甘みたっぷりのタマネギと、柔らかくてジューシーな牛ヒレ肉のコンビネーションは、まさに「絶妙!」のひと言。何にも増して、この牛ヒレ肉の美味しさは半端ではない。


グルメな山岸もご満悦の様子

どちらのカレーも素材がシンプルだからこそ、その旨みが存分に発揮されている。素材の持ち味を引き立てるソースは、親しみのある優しい味わいで、子どもからお年寄りまで楽しめそうだ。
実は筆者、以前からこちらのカレーのファンなのだが、何度食べても食べ飽きず、食べるたびにホッとできる絶品カレーだとあらためて実感した。


完食しつつも名残惜しそうな小島

ちなみに、同店ではコース料理を予約すると、シメのご飯物をカレーに替えたり、お好みの料理にアレンジすることも可能だそう。「ご希望があればできる限りお応えいたしますので、ぜひ気軽にご相談くださいね」と王子さん。

と、ここで・・・ご馳走さまの前に、王子さんから「デザートはいかが?」と思いがけないスペシャルサービスが!! テーブルに運ばれてきたのは、王子さんがレシピを考案した同店オリジナルの手づくりデザート「そのまんまアンニンドウフ」と「マンゴープリン」。ありがたく頂戴いたします!


そのまんまアンニンドウフ(500円・税別)


マンゴープリン(500円・税別)

そのまんまアンニンドウフは、その名の通り、器に入れたままではないと提供できないほどフルフルでトロトロ。そっと一さじすくって口に運ぶと、そのままトロ~~リと溶けてしまうほど。


トロ~リとした口どけにうっとり

マンゴープリンもプルプルの優しい口どけで、中にはフレッシュなマンゴーの果肉がたっぷり。思わず「幸せ~」と笑みがこぼれる至福の一品だ。


マンゴーの果肉がたっぷり入った贅沢デザート

カレーの後のスイーツは、言うまでもなく最高であった。こうして、2種類のカレーを試食させていただいた上に、食後のデザートまで頂戴し、お腹も心もたっぷり満たされた取材班。あらためて、大変大変ご馳走さまでした!

取材を終えて

誕生から半世紀を経た今、中華街カレーブームの先駆けとして注目されることになった「同發本館」と「北京飯店」のカレー。その“意外性”とともに、カレーがここまでブームになったのは、日本人の食の嗜好にピタリと合致したからではないだろうか。

大人から子どもまで、日本人にとってカレーライスは、国民食といわれるほど親しみ深いメニューのひとつ。そんな日本の食文化を一工夫して取り入れる、中華街ならではの懐の広さと柔軟性を感じた。そして、両店をはじめとする中華街のカレーが単なるブームで終わることなく、多くの人たちにいつまでも愛され続けてほしいと願っている。

―終わり―

同發本館

住所/横浜市中区山下町148
TEL/045-681-7273
みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩3分
営業時間/11:00~21:30(ラストオーダー20:30)
※定休日は問い合わせを
URL/http://www.douhatsu.co.jp/

北京飯店
住所/横浜市中区山下町79-5
TEL/045-681-3535
みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩1分
営業時間/11:30~23:00(ラストオーダー22:00、年中無休)
URL/http://pekinghanten.com/

カテゴリー : グルメ タグ :
はまれぽ.comの記事一覧をみる ▶

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP