ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

厚さ4.75mmの新しい世界最薄スマートフォン「Vivo X5Max」が中国で正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー 歩歩高(BBK)が新たな世界最薄スマートフォンになると噂されていた「Vivo X5Max」を本日正式に発表しました。厚さは当初の噂通り 4.75mm で、OPPO R5 の 4.85mm を 0.1mm 凌いでいます。Vivo X5Max は今夏に発表された「Vivo X5」の大画面モデルです。厚さ 4.75mm の薄型ボディに、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイや Snapdragon 615 1.5GHz オクタコアプロセッサを搭載しています。スペック的にはミッドレンジ~ハイエンドの間と言えます。この機種の特徴はやっぱり 4.75mm という薄さです。同社は世界最薄となる薄型ボディ実現するために電子部品をマザーボード全体を利用して薄く配置し、トータル 1.77mmの厚みにしてパーツ部分を 3.98mm に抑えたほか、1.36mm の薄型スクリーンを採用するなど、部品の選択と構造を考慮して作成しています。Vivo スマートフォンは “Hi-Fi スマートフォン” と呼ばれるほど音質に優れています。Vivo X5Max はヤマハのデジタルシグナルプロセッサ「YSS205X」や ESS 社の DAC チップ「ES9018」と「SABRE ES9601」、TI のデュアル入力オペアンプ「OPA1612」を内蔵するなど、他社製品に比べて豪華な内容です。メモリは 2GB RAM と 16GB ROM (Micro SD 最大 128GB 対応)を搭載。カメラは背面に 1,300 万画素(IMX214、F/2.0レンズ)と前面に 500 万画素を搭載。OS は Android 4.4 (KitKat)。Vivo X5Max はデュアル SIM 対応なのですが、片方の SIM カードは Micro SD カードスロットにもなっており、Micro SD カードを利用した場合はシングル SIM になります。筐体サイズは 153.9 × 78 × 4.75mm、質量は 146g。価格や発売スケジュールなどは後ほど追記予定。Source : Weibo(VivoMobile)


(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 9 Wi-FiにAndroid 5.0.1へのアップデートが降ってきた
日本通信、スマートフォンなのに03で始まる固定電話の電話番号を持てる新サービス「03 スマホ」を発表
Desire 620が欧州で2015年初旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP