ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お歳暮ギフトの人気復活 「サプライズ」どう演出するかが鍵

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一年間お世話になった方へ、感謝のご挨拶がわりに贈るお歳暮。ブランド品や地方の珍しい特産品、普段使いに流用できる日用品などが好まれた時代もあったが、最近では再び、ハムやビールなど定番品の人気が復活している。

「2、3年前からギフト商品ではハムやビール、コーヒーなど定番品の人気が復活しています。年末年始に家でゆっくり過ごす人が多いからか、お歳暮ではくつろぐ時間を楽しめるものを意識して選ばれるようです。自分がもらって嬉しいものを選ぶ傾向も見られます。さらに最近は定番の品にプラスして、ギフトを贈られた側が驚く体験をしてもらえるものが人気です」(ギフト売場担当者)

 たとえば2014年に話題を呼んだ「熟成肉」。よく耳にしたものの、家族で食べに行った人はまだ少ないだろう。その話題の食材が届くのが大丸・松坂屋限定の「氷温和牛ドライエイジングビーフ」だ。テレビで見た噂の熟成肉を囲む食卓は、さぞかし盛り上がることだろう。

 2014年でなければ体験できない驚きも用意されている。いまも三越の日本橋本店正面玄関にあるライオン像は、1914年10月に本店玄関に設置されて今年で100年。その記念ギフト「ライオン最中茶漬け」(完売)は、三越ライオン像をかたどった最中種が入っており、熱湯を注ぎライオンの最中を崩しながら食べる。食べることが驚きを伴うイベントになる。

 そして、クラフトビールのような豊かな香りと味を楽しめる「グランドキリン ギフトセット」。黒い専用の箱を開けた瞬間から、他のビールにはない驚きが用意されている。黒地に金文字で「特別なあなたに、グランドキリンを」というメッセージが見え、高級感のある半紙にビールが包まれている。これまでのビールギフトとは異なる佇まいは、まるで高級フルーツのようなありがたみを感じると共に、こだわりのつまったギフト設計が嬉しい驚きを演出してくれる。

 箱の中に同封されているリーフレットには「飲み進めるほどに、香りや味わいに変化が生まれる」と記されている。冷やすものだと思いがちなビールだが、グランドキリンの香りや味わいは、今までと違うビールの楽しみ方に触れるきっかけとなると共に、驚く人も多いだろう。

 日本の家庭でくつろぐ時間にビールは欠かせない。クラフトビールブームが続いているといわれる今、大切な友人・知人、お世話になった人へ、中でもこだわりのある人へ贈るのに、様々な味わいに驚く楽しさをもたらすグランドキリンは、忘れられないくつろぎのひと時を過ごしてもらえるという点で最適だろう。

「一時は虚礼廃止の掛け声に合わせ縮小していたお歳暮ですが、最近はお礼をしたい人へ感謝の気持ちを伝えたいと熱心に選ばれるお客さんが多いです。そういう意味では、バブルのころのようにとにかく数をたくさん贈るのではなく、本来の意味でのお歳暮が増えている印象が強いです」(前出・ギフト売り場担当者)

 2014年の注目ギフトは、いずれも驚きの体験もあわせて贈るものだ。こういった贈り物ならば、次にその人と出会ったときに笑顔でその体験を語り合える。贈った側も贈られた側も楽しめるお歳暮は、決して虚礼などではないだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
地ビール飲むときは「ゆるゆると味や香りを楽しんで」と店主
スーパーのPB 他社ブランドより2~4割安い日用品が登場
ヤフオクドームのビール売り子たちの前線基地を売店裏に発見

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP