ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花嫁修業しつつ大企業に「腰掛け」 昭和OL全盛期はいい時代

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、オバさんたちに美しく生きるためのアドバイスを送るこのコーナー。今回は、OLについてのお話です。

 * * *
 今週は、代表的な昭和語、「OL」についてお話しします。「OL」とは、いうまでもなくオフィス・レディーの略ですが、今はほとんど聞くことがありません。女性が働くことが当たり前になって、あえて“働いている”ことを強調する言葉は、必要なくなったのでしょうね。

 思い返せば、昭和のOLさん全盛期はいい時代でした。花嫁修業に励みつつ、大手企業に「腰掛け」で入社し、すごろくの「あがり」は寿退社。

 もし今、“お嫁入りするまでの少しの間”なんて気分でお勤めしたら、たちまち上司から白い目で見られてしまいます。

 そんな昭和の「OL」と入れ替わるように現れたのが多種多様な「OLさん」で、現代のオフィスで大いに幅をきかせています。例えば…自分の権利ばかりを主張して威張っている「オールド・レディー」、別名「お局レディー」。あるいは、アレして、コレしてと、若いお嬢さんに指図するばかりで微動だにせず、すっかり体が育ってしまった「大きなレディー」。

 芸能リポーター以上の熱意で、社内スキャンダルをかぎまわって、スクープを飛ばす「大きなお世話レディー」。なかでも、周囲に迷惑をかけているのは、イタい若づくりで悪目立ちしているうえに、やたら若い人の輪に入りたがる「お邪魔レディー」です。

「なにそれ? 教えて、教えて~」と、会話の腰を折るだけじゃありません。人気のレストランの話をしていれば、「私も行きた~い」と割り込んでくる厚かましさ。

 世代の違う人と会話を合わせるのは、かなり面倒臭いことだし、目上の人から食事に同席したいと言われたら、むげには断れません。

 しかも、こういう図々しい人に限って、周囲に「特別扱い」を強要します。誤解のないよう、申し上げますが、私は、「特別扱い」を要求すること自体、ちっとも悪いことだと思っていません。

 オンナの幸せは、どれだけ多くのかたに、華麗に“えこひいき”していただけるかにかかっているとすら思っています。かわいい女性や仕事のできる女性が「えこひいき」されるのは当然だし、「えこひいき」されたいのなら、それ相応の努力を重ねなさいと、私は言いたい。

 この真理を理解しないで、「○○さんばっかり、ずる~い」なんて、悪口を言う方がおかしいんです。断言します。女性の幸せな人生は「えこひいきの積み重ね」にあります。

 周囲から「特別扱い」される資格を、ずっと持ち続ける女性こそが、美しく光り輝くのですよ。オバさん、万歳!

※女性セブン2014年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
西成区特区構想に「なんで新しく来た人だけ税金安なるの?」
31才F乳旅作家 下着姿でマッサージし「ここ気持ちいい?」
橋本治と内田樹が三島由紀夫やピンク・レディーなど語る本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP