ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『美味しんぼ』原作者・雁屋哲さん“鼻血問題”に関する本を来年発行 「反論まで金儲けの手段か」と批判も

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今年の春、福島に関してのブログの記述や作品の内容が猛批判を浴びた『美味しんぼ』の原作者・雁屋哲さん。

12月10日に自身のブログを更新、同日発売された『美味しんぼ』第111巻『福島の真実篇 2』の刊行の告知を行い、

例の 「鼻血問題」に対する私の意見は、本にして来年の一月に発行します。
まずは単行本第110巻と111巻をお読み頂いてから、ご意見を賜りたいと存じます。
一部分だけ読んで、あれこれ言うのは反則でしょう。

http://kariyatetsu.com/blog/1713.php[リンク]

と、大炎上となった“鼻血問題”を本にすると発表した。

早速、『Twitter』等のSNSや『2ちゃんねる』などでこの話題について意見が交わされているが、
「炎上商法」
「反論さえ金儲けの手段か」

といったような批判がかなり見られる模様である。

また、『美味しんぼ』単行本111巻については

「美味しんぼ」表現、一部修正=単行本発売―小学館
http://getnews.jp/archives/717404[リンク]

主人公が医者と話す場面では「(鼻血は)原発内での外部被ばくが原因ではありませんね」と因果関係を否定する表現に変更。実在の有識者が「福島が もう取り返しのつかないまでに汚染された」と話していた場面も、「震災前の政府の基準に従えば、住んではいけない所に多くの人が住んでいる」に変わった。

と、セリフが修正されたとのこと。こちらについても「内容を修正しておいて反論本を出すというのはどういうことだ」という疑問の声があがってるようだ。

※画像は『雁屋哲の今日もまた』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP