ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

サンタナとワイクリフ・ジョン、トーク&ジャム・セッション映像を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
サンタナとワイクリフ・ジョン、トーク&ジャム・セッション映像を公開

 バング&オルフセン主催の【The Living Room Tour】セッションの一環として、カルロス・サンタナがワイクリフ・ジョンとインタビュー&ジャム・セッションを行なった。その映像の一部が米ビルボードにて公開されており、2人は(ワイクリフがサンタナに「あなたのステージはヤバかった」と言った)ウッドストックや、サンタナが同ステージで披露した革新的なサウンドについて話している。

 サンタナは自身の“アフリカーナ・フュージョン”について、「あれ以上のものを知らなかった。アフリカから来た神聖なリズムへの敬意さ」と説明している。

 サンタナを“ゴッドファーザー”と呼ぶジョンがホスト役を務めた同トークセッションでは、サンタナが次の世代へ受け継いだものや、若いアーティストへの影響力、彼の新しい伝記「The Universal Tone」、そして政治組織“ブラック・パンサー党”のために行なったパフォーマンスなどの主な出来事について話題が及んでいる。カラフルなシャツを着た2人は、ギターと暖炉がしつらえられた“リビング”にておしゃべりを楽しんでいる様子だ。

 2人はバング&オルフセンによる【The Living Room Tour】2015年シリーズを正式にスタートさせ、ラスベガスで収録された第1弾トーク&ジャム・セッションの模様を12月9日からオンライン上で公開している(http://blog.bang-olufsen.com)。その内容は、今後2か月にわたりアップデートされるそうだ。

 ハイエンドのオーディオ&ビデオ製品を製造するデンマークの会社、バング&オルフセンは、2013年に音楽シーンのアイコンとのQ&Aセッションを開始しており、初回はポール・マッカートニーとのインタビュー&ディスカッションだった。

◎The Living Room Tour: Carlos Santana Talks Woodstock
https://www.youtube.com/watch?v=A-cBExfptpU

関連記事リンク(外部サイト)

1D、テイラー、マーク・ロンソンのTOP3が不動の洋楽チャート、クリスマス・ソングも続々とランクイン
全米年間チャート発表、シングルは首位獲得最長記録のファレル「ハッピー」がNo.1に
全米年間チャート発表、アルバムは「アナ雪」フィーバーを巻き起こしたサントラ盤がビヨンセ、テイラーら抑え堂々首位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。