ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次のディズニー映画『McFarland, USA』で、フアネスの新曲を起用

DATE:
  • ガジェット通信を≫
次のディズニー映画『McFarland, USA』で、フアネスの新曲を起用

 今度のディズニー映画『McFarland, USA』のエンドクレジットにて、コロンビアのスターであるフアネスの新曲がフィーチャーされることが明らかになった。ニキ・カーロによる監督、ケビン・コスナーとマリア・ベロ出演の同映画のために、フアネスは“一緒に”を意味する「Juntos」というタイトルの曲を書き下している。

 来年2月に全米公開予定の同映画は、カリフォルニア州マクファーランドにあるラテン系高校のクロスカントリー・チームが、1980年代における様々な社会問題を通して、メジャー選手権で勝利するために指導を受けたという実話を描いている。主演を務めるコスナーは、そのコーチ役を演じる。

 なお、「Juntos」のミュージック・ビデオもカーロ監督により、マクファーランドで撮影されているという。

 フアネスは声明にて、「この映画を観るとチームワークの力や粘り強さ、そして信念について改めて考えさせられる。“McFarland, USA”のチームに参加できて本当に光栄です」と述べている。

 フアネスの最新アルバム『Loco de Amor』は、グラミー賞・最優秀ラテン・ポップ・アルバム部門にノミネートされている。

関連記事リンク(外部サイト)

1D、テイラー、マーク・ロンソンのTOP3が不動の洋楽チャート、クリスマス・ソングも続々とランクイン
全米年間チャート発表、シングルは首位獲得最長記録のファレル「ハッピー」がNo.1に
全米年間チャート発表、アルバムは「アナ雪」フィーバーを巻き起こしたサントラ盤がビヨンセ、テイラーら抑え堂々首位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。