ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーボン製でBluetooth搭載の「紙飛行機」 Carbon Flyer

DATE:
  • ガジェット通信を≫

紙飛行機をカーボンファイバーで作ったらこうなった、というようなドローン(無人飛行機)です。機体のフォルムはホントに紙飛行機そのもの。そこに小さなモーターで動く2つのプロペラとカメラを搭載、Bluetooth経由でスマホからコントロールできるようになっています。ヘリコプター式の小型ドローンはたくさんの製品が市場に出ていますが、Carbon Flyer の魅力は、この紙飛行機的な繊細さでしょう。

とは言え、カーボンファイバーを採用しているのは軽量性と同時に、落下したり障害物と衝突したときでも簡単に壊れない耐久性を求めてのこと。着陸のための装置があるわけではないですから、落ちてもいいぐらいになっている必要があるでしょう。

気になるのはモーター音がどれくらい出るのか。ナノコプター(小さなヘリコプター方式のドローン)は甲高いモーター音がして耳障りなことがありますが、この未来の紙飛行機(カーボン製ですが)には、やはり糸トンボのように静かに飛んでほしいところです。

ちなみに、プロペラなし・電子部品もなしでスリングショット(パチンコ)を使ってゴムの力で飛ばすCF Free Flightというオプションモデルもあります。

さて、これでどんな遊びをしましょうか。ビデオ撮影ができるので、海岸や広場のような開けた場所に持って行って空撮というのは第一候補ですね。風がなければ山の上のような高い場所も楽しそう。でも、これを飛ばすためにフィールドに出かける、というだけで十分楽しいのかも。紙飛行機ですから。

Carbon Flyerは現在、Indiegogoで資金を募集中。出荷は2015年8月を予定しています。

製品名:Carbon Flyer
メーカー:Trident Design
価格:$99+送料$30(原稿執筆時現在)

カーボン製でBluetooth搭載の「紙飛行機」 Carbon Flyer

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
gearedの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP