体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜になぜ名古屋のご当地グルメが!? 激辛&激ウマ!「台湾ラーメン」が食 べられるお店を徹底調査!

横浜になぜ名古屋のご当地グルメが!? 激辛&激ウマ!「台湾ラーメン」が食 べられるお店を徹底調査!

横浜のココがキニナル!

横浜市内で台湾ラーメンを食べられるお店はあるのでしょうか?(u-pon0910さんのキニナル)

はまれぽ調査結果
横浜市内で台湾ラーメンを提供する店「一刻魁堂(いっこくさきがけどう)」「口福館(こうふくかん)」「めめ」を紹介!

「台湾ラーメン」とは?

実はこの投稿で初めて「台湾ラーメン」の名を知った松宮。「台湾ラーメン」とは愛知県名古屋市千種区(ちくさく)にある「味仙今池(みせんいまいけ)本店(以下、味仙)」が始めた“名古屋のご当地ラーメン”なのだ!

横浜になぜ名古屋のご当地グルメが!? 激辛&激ウマ!「台湾ラーメン」が食 べられるお店を徹底調査!

「味仙」は1962(昭和37)年創業

昭和40年代、店主・郭明優(かく・めいゆう)さんが台湾で小皿に盛って食べる「台仔(タンツー)麺」を“激辛にアレンジして出したのが最初”らしい。郭さんが台湾出身だったことから「台湾ラーメン」と命名。ちなみに台湾にこの「台湾ラーメン」は存在しないとのこと。

「台湾ラーメン」はもともと従業員用のまかないだった。しかし、常連客が「おいしそうなので食べたい」とリクエスト。以後、メニューに追加された。一部の人が知る“隠れメニュー”だったが、昭和60年代に起こった激辛ブームに乗り、一躍脚光を浴びる存在に。以来、来店した人の大半が頼むという味仙の看板メニューだ。

横浜になぜ名古屋のご当地グルメが!? 激辛&激ウマ!「台湾ラーメン」が食 べられるお店を徹底調査!

(左から)『中日新聞 県内総合市 2000年3月16日』『コンベンション ナゴヤ名古屋食文化考8 1999年4月 64号』

「台湾ラーメン」のスープは鶏ガラ。麺の上には炒めたひき肉がどっさり。そしてたっぷり入った唐辛子が標準的なスタイル。“口に入れた瞬間、激しい辛さが襲ってくる”という刺激的な味。食べ慣れてくると“この刺激がクセになる”らしい。

横浜になぜ名古屋のご当地グルメが!? 激辛&激ウマ!「台湾ラーメン」が食 べられるお店を徹底調査!

・・・この色! 見るからに辛そう・・・(『まっぷる 愛知2011年版』)

辛いものは「大の苦手」な松宮。だが横浜の「台湾ラーメン事情」を調べなくては! インターネットで市内にある「台湾ラーメンが食べられる店」を検索。だが台湾ラーメンを看板メニューとしている店は「すでに閉店」ということが多く、なかなか見つからない。さらに検索を続けると、横浜中華街にある中華料理店や台湾料理店がヒットする。そこで今回は「本場名古屋の台湾ラーメン」と「台湾人が提供する台湾ラーメン」を調査することに。

まずはご当地・名古屋に本店を構える「一刻魁堂(いっこくさきがけどう)」へ行ってみることに。

名古屋発のラーメン店「一刻魁堂」

横浜になぜ名古屋のご当地グルメが!? 激辛&激ウマ!「台湾ラーメン」が食 べられるお店を徹底調査!

東急東横線綱島駅からバスに乗り10分、「トレッサ横浜」へ

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
はまれぽ.comの記事一覧をみる

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。