ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉野家が突然の値上げ発表、ネット上に悲しみの声 「暴動起きるレベル」「段階的にしろ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

牛丼チェーン大手の吉野家は、12月17日午後3時より、主力商品の牛丼について、300円から380円(並盛)値上げを行うことを発表した。

これは同社が使用している米国産牛肉の出荷減と円安により、輸入価格が高騰。それを受けての値上げへと踏み切った。しかし、この庶民の懐を直撃する値上げに、早くもネット上からは、「うわっ高けぇ…」「あーあ、もう行けねえわ」「またかよ」「ぎええええ いきなり380とか」「なにこの爆上げ」「段階的にしろ」「優待券1枚で牛丼一杯食えないなんて…」「暴動起きるレベルだわ」と絶望に近い大きな落胆の声が相次いでいる。

吉野家は消費税増税を受けて、今年4月に値上げして以来の値上げとなるが、ネット上からも指摘されているように、一度に80円もの値上げが行われることに対しては「やりすぎ」との声も少なくない。また、大盛りが460円から550円に、特盛りが560円から680円になったことで、「それならファミレスでもっといいランチが食える」という声も。

とはいえ、長引く不況に円安、さらには材料の出荷減など、相次ぐ逆風に見舞われ続けている感は否めないだけに、吉野家にとっても今回の値上げ決定は、まさに断腸の思いであったハズだ。こうした問題が解決された暁には、再び値下げが行われることを祈りつつ、同社の健闘に期待したいところだ。

文・今岡憲広

関連記事リンク(外部サイト)

すた丼の「年末感謝祭」期間限定130円値引きにネット上が歓喜と絶賛の声
郵便局の無料年賀状作成ソフトが「本気すぎる」とネット上で話題に
ポール・マッカートニー再来日の噂に「チケット代また上がるんじゃ…」と不安の声も
『ラブライブ!』コラボを全力展開するコンビニ店舗に「これは名采配」と賞賛の嵐
「東京女子流」渾身のバラードで表現の新たな扉を開く 「自分たちも成長を感じた」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP