ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オジさん(S57年生れ)は懐かしいの!『オイ!!オバさん』/第01巻(だけ)レビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本連載では、数多くある漫画から選りすぐりの1冊をピックアップ。その「第01巻だけ」レビューをお届けします。

 『オイ!!オバさん』。なんか少女漫画っぽいタイトルと、可愛らしい絵柄だなぁ(表紙を見つつ)。きっと、年の差カップルの微笑ましい「ラブコメ」が描かれるんだろうねぇ(表紙をぺらり)。

【関連:超4コマ級。キャラ濃いぃ!『繰繰れ! コックリさん』/第01巻(だけ)レビュー】

 ▼01ページ
 JK明子(15)、妊娠発覚――。
 同じく母(50)、妊娠発覚――。

 …ハード過ぎる。そして、重すぎるっ。いきなりの妊娠発覚に「ラブ」があるかはともかく、「コメ(ディ)」に関しては母娘同時妊娠・家庭が修羅場! なんて、引きつった笑いしか浮かんでこない。こんな昼ドラというか最早レデ●コミみたいなプロローグ、少年誌じゃ前代未聞でしょうが? 01ページ目からいきなりメタ発言も飛び交うし、リングにあがった瞬間からパイプ椅子でメッタ撃ちされるようなモン(反則攻撃)ですよ、こいつは……。

 やがて時は流れ、15年後――。母(当時50)が産んだ主人公の高校1年生・透クンと、明子(当時15)が産んだ同じく高1のヒロイン・菅子チャンが、神様の気まぐれか何とクラスメイトに。この二人によるドッタンバッタン ラブコメを描く物語が、本作『オイ!!オバさん』です。
 幸か不幸かこの菅子チャン、透クンにとっては「叔母」にあたるわけですが、廊下ですれ違えば花ビラ舞うような美少女。ちょっとしたことでも身内をイジられると恥ずかしい年頃なのに、自分と同い歳の叔母がクラスメイトで、しかも校内で噂になる美少女ときては、はれ物どころかメガトン級の爆弾を抱えて高校生活を送るようなもの。大丈夫かっ、透クン。

 超カワイイけど、実はオバ(叔母)さんでした――♪(きゃはっ) ということなら、まぁ「ラブコメ」の範疇でしょう。が! 透クン以外の人に「オバさん」と呼ばれると、菅子チャンは髪の毛が逆立ち、瞳から光は消え、殺気があたりを覆いはじめ―― と某ミスター・オーガばりに変貌ッッ。絡んできた不良をワンパンで★にして、明らかになった菅子チャン・中学時代の通り名は、「悪魔女(メドゥーサ)」だったのです。

 ……ハードな導入部からイヤな予感がしていたけど、やっぱりか。やっぱりお家芸「ヤンキー」要素を入れてくるのか、『月刊少年チャンピオン』! このまま進めば「不良(ヤンキー)バトル漫画」になっちまうぜェ!?!? と心配しましたが、戦い終わって「フツーの女の子になりたい」とつぶやく菅子チャンに、ほのかなラブコメを感じホッと締めくくる第01話です。そして、第01巻を読み終えると、何とも言えない懐かしい気持ちになるのでした。

 今では、同ジャンルの顔である任侠漫画の巨編『本気!(マジ)』(立原あゆみ)や、ストリートの感覚、不良少年=カラスという美意識を取り入れ、’80年代から続くヤンキー像を一新した『クローズ』(高橋ヒロシ)など、『チャンピオン』系列誌はアウトローたちを描いた作品で少年誌随一の実力を誇ります。
 そのいっぽう、美少女が実はヤンキーっぽい側面を持っていたり、幼馴染的な存在と一つ屋根の下で暮らしたりという設定が、’90年代では『特攻天女』(みさき速)、’00年代に入っては『明日のよいち!』(みなもと悠)など、同系列誌の名作で描かれており、本作もそれら系譜に連なる作品と言えるでしょう。

 『チャンピオン』系譜上にて系統だてて見れば、菅子チャンは『特攻天女』主人公・祥のような「ヤンキー姉御肌ヒロイン」、透クンは『明日のよいち!』主人公・与一のように「女難に悩む男の子」。そんなカップリングに、『本気!』『クローズ』が代表格である『チャンピオン』系列誌の「アウトローの匂い」がちょっぴり隠し味として加わったのが『オイ!!オバさん』であると、無粋ながら分類することも可能です。
 しかしながら、筆者は系統/分類に関して言及したいのではなく、本作が『チャンピオン』系列誌作品の流れを汲んだいわば「正統派」作品であり、伝統を次代に継承する「名作」であると、主張しておきたい。

 近年の少年漫画誌では、カゲキな性表現を盛り込む、本来は大人向けエンターテインメントで描くようなテーマを軸とするなど、少年漫画の枠を超えた作品が目立つようになってきました。もちろん「枠を超える」ことも進化の方向性のひとつですが、過去から連なる「流れを汲んで」描くこともまた、異なる進化の道だと思います。
 『囚人リク』のレビュー(http://otakei.otakuma.net/archives/2014102201.html)において、「少年が大敵に立ち向かう」ことを少年漫画の血脈としてご紹介しました。本作を構成する「ヤンキー姉御肌ヒロイン」「女難に悩む男の子」、そして「アウトローの匂い」もまた少年漫画、特に『チャンピオン』作品では伝統的なファクターです。

 第01話プロローグを読んで衝撃を受け、第01巻読後に感じた懐かしさ。それは、筆者にとって忘れがたい上記名作と同じファクターを、本作中に見て取ったからに他なりません。現・少年少女にも楽しんで貰いたい作品ですが、かつての懐かしさに触れたい大人にも読んでもらいたい――。そう、本作『オイ!!オバさん』は「思いでの少年漫画」を呼び起させるのです。

 さて、第02巻では「菅子チャンのはからいで、透クンは憧れの持田さんと下校デートすることに」そこへ、謎のヤンキー女子が乱入する模様。おっ、これは「お家芸」を楽しめそうだ~。

画像協力:『オイ!!オバさん』
http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/53081/

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP