ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松田聖子、ソニー時代のオリジナルアルバム32作・全309曲をハイレゾ配信スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

80年代の幕開けとともに彗星のように現れ、一気にトップアイドルへの階段を駆け上がった松田聖子。

鮮烈なデビューを飾った1980年から2008年まで、ソニーミュージック在籍時に発売したオリジナルアルバム32作、全309曲が、12月24日から毎月5タイトルずつ、原音に忠実な高品質ハイレゾ音源で配信されることが明らかになった。

松田聖子のハイレゾ音源による配信は今回が初めてで、第一弾はSQUALL(1980年8月リリース)、North Wind(1980年12月リリース)、Silhouette~シルエット~(1981年5月リリース)、風立ちぬ(1981年10月リリース)、Pineapple(1982年5月リリース)の5タイトル。

また同12月24日には、ファンのリクエストに応えて1990年代のオリジナルアルバム9タイトルを高品質CDのBlu-spec CD2で発売、さらには珠玉のバラードをセレクトした2枚組最新バラード・ベストアルバム『Seiko Matsuda Best Ballad』もBlu-spec CD2で同時発売、ハイレゾ配信もスタートとなる。

なお、配信に先駆けて本日12月10日より音楽配信サイトmoraにて予約販売が開始されるので、配信ならびにアルバム発売の詳細はソニー・ミュージックダイレクトの松田聖子スペシャルサイトを確認のこと。

ソニー・ミュージックダイレクト 松田聖子スペシャルサイト
http://www.110107.com/seiko_hires   

関連リンク

松田聖子 オフィシャルサイトhttp://www.seikomatsuda.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP