ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

草食系男子・ゆとり世代は全員起立! スタローン隊長率いる『エクスペンダブルズ』がスゴい!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「○○が泣いた~」、○○の続編・リメイク、最新VFX・3D……こんな時代に我らがスタローンから満を持して投下されたリーサルウェポンムービー『エクスペンダブルズ』。シルベスター・スタローンが監督・脚本・主演のもと人類最強の豪華筋肉部隊がそろい全世界が話題沸騰中だ。

スタローン隊長以下メンバーはこちら!
・ジェイソン・ステイサム
・ジェット・リー
・ブルース・ウィリス
・アーノルド・シュワルツェネッガー
・ドルフ・ラングレン
・ミッキー・ローク
・ランディ・クートゥア
・スティーブ・オースチン

それぞれが隊長の呼びかけに格安ギャラで出演を快諾、シュワ知事はなんとノーギャラ。ミッキー・ロークは低迷期助けてくれた仁義<JINGI>を果たすため……と、サイドストーリーまでも漢(おとこ)汁満載のエピソードが映画を引き立てている。そんな中スティーヴン・セガールとジャン=クロード・ヴァン・ダムは何を思ったか出演を断ってしまい、その空気の読めなさぶりに全米が泣いているのは放っておこう。

気になる内容は次の通り。スタローン隊長率いる傭兵集団『エクスペンダブルズ』は、だれからの指図も受けず、自らの意思と法外な報酬のみで行動する。彼らが死んでもその事実が、世間に知られることはない(だから消耗品!)。で、民衆が弾圧されている南米の独裁軍事国をブチ壊す! 以上! という肉弾戦、銃撃、爆破、空爆、カーチェイスでド派手にドッカン! な内容だ。テレビ東京『午後のロードショー』『水曜シアター9』のファンは100%納得がいく内容になっていることは間違いないだろう。



『エクスペンダブルズ』は全米では8月13日公開、日本では10月16日から全国公開。今だれが来日するか目下調整中、この際全員呼んでしまえ! ちなみに気が早い隊長は既に『エクスペンダブルズ』続編に着手している。こうなったら毎年1本投下して欲しいぞ!

@nifty映画
http://movie.nifty.com/

■関連記事
勝鬨橋を封鎖せよ! 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が実写映画化
本日21時いよいよテレビ初放映の映画『サマーウォーズ』にネットで勝手応援企画が続出!
『ラピュタ』『トトロ』『ポニョ』 ジブリ作品の都市伝説ってこんなにあるの?
地味に高評価!映画『プリンス・オブ・ペルシャ』は隠れた名作か
日本のイルカ漁を批判した映画『ザ・コーヴ』が日本中で上映中止 その理由に迫る! 明大「そもそも上映予定は無かった」

@nifty映画の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP