ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

みかんの白い筋を簡単にはがす裏技

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みかんを食べる時に、皮をむいた後に残る白い筋。正式名は「アルベド」(柑橘類の中果皮のこと)というらしいのだが、食べる時に剥がして食べるという人も多いのでは?

【動画や画像を見る】

そこで、今回はその手間を省く方法を紹介しよう。方法はいたって簡単で、みかんを熱湯に5分ほど浸けるだけ。これで、皮と一緒に白い筋までむけるようになるのだ。といっても完全に取れるわけではないのだが、残った白い筋を取り除く作業はずいぶん楽になる。

ちなみに、この方法を試すと、みかんが甘くなったように感じるという嬉しい効果も。これは、甘みが増したわけではなく、酸っぱさの元である酸が熱で分解されて酸味が減った結果、甘く感じられるから。また、一度温めたみかんを冷やしても酸っぱさが戻ることはない。みかんの白い筋や酸味が苦手な人は試してみてはいかがだろう?
(R25編集部)

みかんの白い筋を簡単にはがす裏技はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

バターを切るのに〇〇が完全に一致!
もう迷わない!下着ワンパック収納
宅配便で得する20cmの法則
冷めたピザはフライパンで焼こう!
ポップコーンを全粒ポップさせたい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。