ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android用「Wikipedia Beta」がMaterial Design仕様にアップデート、検索機能も強化される

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

物事を調べる際によくお世話になっている「Wikipedia」の Android アプリベータ版が本日の v2.0-Beta-2014-12-09 へのアップデートで、アプリ UI が Material Design 化されました。Wikiedia のベータ版アプリは Google Play ストアで一般公開されているので、対応機種であれば自由にダウンロードすることができます。今回のアップデートで、アプリ UI が Android 5.0 (Lollipop)で基本の Material Design 仕様に刷新されたわけなのですが、変更箇所は小規模です。具体的に、アプリで使用されているアイコンやメニューの表示スタイルが Material Design のものに変更されたという程度。また、今回のアップデートで検索バーが復活し、検索候補の表示スタイルも新しくなりました。従来の検索はページ名のみを対象にしていましたが、新しいベータ版では記事本文を対象に検索を実行することも可能になりました。

このほか、プルダウンによるページの更新に対応し、タブレットにおける表示の最適化なども行われました。「Wikipedia Beta」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
ケイ・オプティコム、MVNOサービス「mineo」でモバイルWi-FiルーターセットモデルやSMSオプションの提供を開始
Samsungは韓国キャリア向けにGalaxy Note 4のSnapdragon 810モデルを開発中?
Project Ara用のマーケットプレイスの開発は着々と進行中、米Globant社がGoogleとの提携を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。