体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリンピックも夢じゃない! マイナースポーツでいますぐ日本代表になる方法

20141210_1

2014年は、ソチオリンピックに始まって、サッカーワールドカップ、テニスなど、まさに日本代表YEAR! 俺も一度でいいから選手としてあんな歓声を浴びてみたい! けど日本代表なんて夢のまた夢……と思ったアナタ、実は案外そうでもないんです。

サッカーやテニスなど、超メジャースポーツで日本代表になるのはほぼ不可能ですが、国内の競技人口が数十人程度のマイナースポーツであれば、社会人になってから始めても十分可能性はあります。実際、筆者は23歳で世界最古の球技スポールブールを始めて、24歳で日本代表になりました。

・世界最古の球技スポールブールとは?
スポールブールは、金属製のボールを転がして、目標球に近づけたり、ターゲットに当てたりするスポーツ。ボウリングやカーリングの起源とも言われており、その歴史は4,000年前のフランスに遡ります。フランス・イタリア・旧ユーゴスラビア諸国で盛んなスポーツで、旧フランス植民地やイタリア系移民が多い南米やオーストラリアなどにも根付いています。

・目標は2年に1度の世界選手権
筆者の場合、本業はサラリーマンなので、普段は主に週末を練習に充てています。大会が近くなると早朝や深夜を活用して練習時間を補います。目標は2年に1度開催される世界選手権。2015年は10月にクロアチア・リエカで開催予定です。

20141210_2

・日本代表として歓迎を受けられる
世界選手権は、30ヶ国超から代表選手が集い世界一を争う、まさに晴れ舞台。その他にも、だいたい年に1~2回は連休や有給を利用して、オーストラリアや中国、トルコなどに遠征しています。どこに遠征しても日本代表として歓迎され、世界各国の代表選手たちと交流できるのも、日本代表の大きな魅力のひとつです。

20141210_3

・現在絶賛選手募集中
ちなみに、スポールブールは、2015年世界選手権を目指す日本代表候補を絶賛募集中です(女子・ジュニアの次回世界選手権は2016年)。日本では超マイナーなスポールブールですが、実は準オリンピックに位置付けられるワールドゲームズの正式種目であり、次のオリンピック種目候補の一つでもあります。

・オリンピックの夢が描ける貴重なスポーツ
日本代表になれる可能性のあるマイナースポーツは数多くありますが、オリンピック出場の夢が描けるスポーツは貴重です。我こそはという方は、ぜひエントリーを!

20141210_4

・マインドスポーツの日本代表も
その他、スポールブール以外の日本代表になりやすい競技を紹介していきます。たとえば、日本将棋のルーツともいわれるシャンチー(中国象棋)では、「トップアスリート育成プログラム」として、日本代表候補を募集しているようです。こちらはチェスや囲碁などに代表されるマインドスポーツですが、日本代表になりたいけど体力には自信がないという方にはぴったりかもしれません。

・普及の途上にあるスポーツ鬼ごっこ
これから普及しようとしている、新しいスポーツも狙い目です。「スポーツ鬼ごっこは、誰もがいまからでもトップレベルを目指せるスポーツ。皆さんも将来の日本代表を目指しませんか?」と鼻息荒く語るのは、国際スポーツ鬼ごっこ連盟理事長兼スポーツ鬼ごっこ日本代表監督の羽崎貴雄さん。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会