ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

着込むより、”体の芯から温まる”、が正解!最強クラスの寒波に勝つための「温活アイテム」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月としては最強クラスの寒気に覆われている日本列島。連日ニュースでは、大雪の映像が流れている。こんなに寒い時は、体の芯から温まれるアイテムを上手に使うのが正解。編集部員イチオシの「温活アイテム」、こっそり教えちゃいます!

1.「ぽかぽか女子のジンジャースムージー」(プロモーションラボ)
スムージーと言えば冷たいものが主流だが、このスムージーはHOT専用。お湯やホットミルクを入れてかきまぜるだけで、簡単に温かいスムージーが出来上がる。女性の冷え対策にぴったりの「生姜」を配合しており、まさに温活に最適!まだ身体が温まっていない朝や、寒い夜の帰宅時などに、手軽に「ぽかぽか女子」になれるアイテム。購入は、コチラ(http://www.putiselect.com/products/detail.php?product_id=929)から。

2.「よもぎ足温パット(あしおんパット)」(グラフィコ)
次は、足が寒くて眠れないという女性に朗報を。このパットを寝る前に貼れば、よもぎ・ハッカ・ドクダミ配合の吸収シート+発熱体が足をじんわりと温めてくれるので、朝までポカポカ、ゆったり気分で気持ちよ~く眠れる。湯たんぽやあんかなどは動いて離れてしまうと温かさを感じられないが、これは足に直接貼れるので、動いても安心。まさに、「頭寒足熱」が手軽に実践できるアイテム。1箱6枚入り、価格は、税抜900円。(http://www.yomogi-bijin.jp/products/yomogi_ashion.html)

3.「入浴料・アースファーム 黒蜜どろり」(石澤研究所)
最後は、リラックスタイムをさらにぽかぽかにしてくれる入浴料のご紹介を。13種類の草根木皮をどろりと煮詰めて作られた入浴剤で、カチコチに凍った心とカラダに、まさに、「自然のいのち」が染みわたっていく感覚が味わえる。入浴タイムをさらに幸せにしてくれそう。税抜240円。(http://www.ishizawa-lab.co.jp/)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。