体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

倉木麻衣 15周年記念公演に見たポップスターの矜持“音楽で人は救える”

倉木麻衣 15周年記念公演に見たポップスターの矜持“音楽で人は救える”

 1999年12月8日「Love, Day After Tomorrow」で鮮烈デビューし、日本の音楽シーンに欠かせないポップスターの一人として走り続けている倉木麻衣。12月6日 日本武道館にて15周年記念と単独300回を記念し、アニバーサリーライブを開催した。

倉木麻衣 日本武道館ライブ写真一覧

<まるでマイケル・ジャクソン「他の人とぶつかり合うことを怖れずに」>

 総勢300人から成る超豪華ステージで全36曲約4時間にわたって開催されたアニバーサリーライブ【15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST “一期一会” ~Premium~】。超満員の観客による「Mai.K」コールの後、倉木麻衣は登場するなり人差し指を天に掲げ、かのマイケル・ジャクソンのように立ち止まったまま大歓声を一身に浴びる。そして爆音と共に何本もの火柱が燃え盛ると、お馴染みのダンサーや来年デビューする後輩ガールズグループ La PomPonたちとキラーチューンを連発。高さ6m幅36mの超巨大LED、高さ9mまでせり上がるテレスコタワー、2連のドーナツ型で上下するセンターサークル等、5周年記念公演を過去最高の内容にする為の演出や設備も半端なく、彼女もそれらの迫力に一切臆することなく堂々と歌い踊るのだが、その姿からは15年間自身を育ててくれた人々に対する感謝。毅然と過去最高のパフォーマンスをしなくては申し訳ないという、生真面目ゆえに抱ける凄まじい覚悟。そして影響力を持つポップスターとしての使命感が滲み出ていた。

 「みんな、時には心をからっぽにして、そしてもっと熱く、他の人とぶつかり合うことを怖れずに、もっともっと自分を出していこうよ!」

<13名のバレリーナ&67人にも及ぶ東京ニューシティ管弦楽団登場>

 新旧ヒットナンバーを90分間ほぼノンストップでお届けすると、ライブは15分間の休憩タイムへ。まるでクラシックコンサートのようだが、休憩明けにはなんと実際にクラシックコンサート然としたステージが展開される。次々とポップスコンサートの常識を根底から覆す衝撃的な光景を生んでいくのだが、まずは「Waltz of the Flowers「くるみ割り人形」より」に合わせて13名のバレリーナが登場。彼女たちの華麗なる舞いに心奪われていると、その背後の巨大なセットが上へ引っ張られるように宝箱のごとく開き出し、藤原いくろう率いる総勢67人にも及ぶ東京ニューシティ管弦楽団の面々が姿を現す。そのほとんどファンタジーの世界観を目前にしただけでも衝撃だが、更に観客の度肝を抜いたのは倉木麻衣の歌声。J-POPシーン随一のウィスパーの使い手である彼女が、フルオーケストラ仕様の迫力ある歌唱法に切り替え、まるでミュージカル女優のように自身の曲を次々とクラシックナンバーへと生まれ変わらせていく。

 ライブでは過去にもソウルフルな歌声を響かせたり、世間のイメージを覆すボーカルも多々披露してきた彼女ではあるが、単独300回目の公演で聴かせたその声は歌い手としての可能性、伸びしろがまだまだあることを明らかにした。また、同時に倉木麻衣の楽曲群がポップスとしてだけでなく、音楽として如何に素晴らしいものであるか、アレンジも歌唱法も大きく変化/進化させたことにより明確に。これは自分と共に歩き続けてきてくれた楽曲たちへの感謝の表れのようにも感じられた。すべての楽曲が静かに躍動していく。

 Meiの歌うヴァイオリンによる「Secret of my heart」も挟みつつ、本編最後は客席に突如現れた200名から成るコーラス隊と「STAND BY YOU」「chance for you」といったメッセージソングを連発。どちらも倉木麻衣が歌い続けてきた理由そのものと言っていいナンバーである。音楽で世界は変えられる、音楽で誰かを救うことはできる。そう本気で信じる彼女の愛のメッセージを会場一体となって口ずさんでいくドラマは、この上なく純粋で美しく多くの涙を誘った。

<自分自身が音楽によって救われることがたくさんあって>

 そしてライブはアンコールへ。改めて会場の熱量を高めるべく、右へ左へ全力疾走しながら「Stand Up」「always」「Love, Day After Tomorrow」等の代表曲を披露していくのだが、共に大はしゃぎするファンの姿を見つめながら彼女はこう語った。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会