ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年Q3の国内スマートフォン出荷台数シェア、Appleが63.5%の高い水準を維持(IDC Japan調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内の調査会社 IDC Japan は 12 月 9 日、2014 年 Q3 (7 ~ 9 月)の国内における携帯電話・スマートフォンの出荷台数に関する調査結果を発表しました。携帯・スマートフォンともに前年同期から減少している中でも、Apple がスマートフォン分野でシェア 63.5% と高い水準を維持していました。2014 年 Q3 の携帯電話の出荷台数は 766 万台で、前年同期比 14.8% 減少。スマートフォンの出荷台数は 521 万台と前年同期比 24.2% 減少しています。スマートフォンの減少については、他社の調査データでも四半期ベースで毎回マイナス成長とされており、IDC Japan の調査結果でもそうなりました。スマートフォンのメーカー別シェアでは、Apple が 63.5% でダントツ。続いて、2 位は AUQOS シリーズが好調のシャープ(10.7%)、3 位は Sony Mobile (9.1%)、4 位は京セラ(6.3%)、5 位は Samsung(4.2%)という結果でした。京セラのスマートフォンは KDDI からしか販売されていないにもかかわらず、Samsung を抜くレベルとは好調ということなのでしょう。現在、国内で販売されているスマートフォンは Android と iOSしかないので、今四半期の Android 率はほぼ 36.5% になります。Source : IDC Japan


(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技(Xiaomi)、スマートフォンから操作できるWi-Fi対応空気清浄機「Mi Air Purifier」を発表
Acer、MediaTekの64bit オクタコアプロセッサを搭載した「Liquid Jade S」を台湾で発表
NTTドコモ、8.4インチSuper AMOLEDタブレット「Galaxy Tab S 8.4 SC-03G」を12月12日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP