ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技(Xiaomi)、スマートフォンから操作できるWi-Fi対応空気清浄機「Mi Air Purifier」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー 小米科技(Xiaomi)が Wi-Fi に対応し、スマートフォンから操作できるスマート空気清浄機「Mi Air Purifier」を発表しました。価格は 899 元(約 17,000 円)と RedMi スマートフォン並みです。国内でも話題の中国から飛来してくるとみられている PM2.5。Xiaomi はその本場となる中国の都市部の人々を対象に製品を販売するつもりです。Xiaomi は元は Android ファームウェアを開発する企業だったのですが、いつのまにか生活家電にまで手を広げています。空気清浄機といえば、その多くはストーブ並みの大きさなのですが、Xiaomi の製品は A4 用紙と同等の小型設計。それにもかかわらず、ダブルのファンで毎分 10,000 リットルの空気の流れを作ることができ、3 層構造の HEPA フィルターで PM2.5 を 99.99% カットできるとされています。性能的には一般的な家庭用空気清浄機と同レベルといったところです。スマートフォンからの操作は専用アプリで行います。アプリでは電源の ON / OFF、風速モードの切り替え、タイマー設定などが可能です。Mi Air Purifier の発売日は 12 月 16 日で、交換用フィルターは 149 元で販売されますSource : Xiaomi


(juggly.cn)記事関連リンク
2014年Q3の国内スマートフォン出荷台数シェア、Appleが63.5%の高い水準を維持(IDC Japan調査)
Acer、MediaTekの64bit オクタコアプロセッサを搭載した「Liquid Jade S」を台湾で発表
NTTドコモ、8.4インチSuper AMOLEDタブレット「Galaxy Tab S 8.4 SC-03G」を12月12日に発売

カテゴリー : エンタメ タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。