ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サウンドドラマCD『ファタモルガーナの館』新キャスト発表―鈴村健一、諏訪部順一、梶裕貴など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ツクル(ノ)モリ株式会社から発売される、『ファタモルガーナの館』全章サウンドドラマCDの新キャストが発表された。

今回発表の新キャストは、原作ゲームの2章から4章までを収めた、2015年発売予定の『第II巻』、『第III巻』の主要キャラクターを演じる。

【関連:草凪みずほ『暁のヨナ』テレビアニメ化決定―声優はドラマCDから続投】

▼第Ⅱ巻、第Ⅲ巻 主要キャラクター
【原作ゲーム2章登場】
貿易商の男…鈴村健一(すずむら けんいち)
ポーリーン…豊崎愛生(とよさき あき)

【原作ゲーム3章登場】
ヤコポ・ベアルザッティ…諏訪部順一(すわべ じゅんいち)
マリーア・カンパネッラ…堀江由衣(ほりえ ゆい)
ハビ…梶裕貴(かじ ゆうき)

サウンドドラマCD『ファタモルガーナの館』は、サークル『Novectacle』が2012年に発表したオリジナル同人PCゲームが原作。
原作ゲームは、『同ソ系マラソンコンテストC83 最優秀賞』、『おすすめ!同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー for Novel and ADV 2012』で10部門を受賞している

館の女中と、記憶を失った館の主(プレイヤー)を主軸として『呪われた館』で起きる数々の事件をめぐるサスペンスホラー。
耽美的かつ謎に満ちた世界観と細部まで作りこまれたストーリーに加え、西洋美術を思わせるビジュアルの美しさ等々から男女を問わず多くのファンを魅了。最近では、ノベライズ、コミカライズ、ゲームアプリ化など、様々なジャンルで展開されている。

サウンドドラマシリーズでは、各巻こだわりの声優陣を起用し、臨場感溢れるBGM、さらに原作者『縹(はなだ)けいか』氏がシナリオ監修を手掛けるなど何もかもこだわって作られたという。
そのため12月28日発売の第I巻は、原作ファンだけでなくゲーム未プレイの人でも楽しめるよう、“館の呪いに関わる女中と主人公の出会い”と、最初の悲劇となる“ローズ兄妹の物語”を再現したドラマCDとなっている。


なお、とらのあな店舗 (新宿西口店を除く)及び通信販売で、対象商品を予約もしくは購入して応募すると、抽選で5名に『キャスト直筆サイン入り色紙』がプレゼントされるキャンペーンや、『ドラマCD台本』がプレゼントされるキャンペーンが実施される。応募詳細についてはそれぞれ条件が異なるので、詳しくは公式サイトで確認してほしい。

サウンドドラマCD『ファタモルガーナの館』第Ⅰ巻は12月28日発売で価格4,167円(税抜)。第II巻、第III巻は2015年以降順次発売を予定している。

▼キャスト:
ミシェル=ボランジェ…櫻井孝宏(さくらい たかひろ)
館の女中…瀬戸麻沙美(せと あさみ)
モルガーナ…小清水亜美(こしみず あみ)
白い髪の娘…能登麻美子(のと まみこ)
メル・ローズ…(少年期)保志総一朗(ほし そういちろう)
メル・ローズ…(幼少期)下田麻美(しもだ あさみ)
ネリー・ローズ…阿澄佳奈(あすみ かな)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP