ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【スポーツファン向けアプリ】自宅での応援がスタジアムの大スクリーンに表示される!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

野球にサッカーなど、スポーツフォンなら試合会場に行って応援したい、と思うかもしれない。そうはいっても、地方に住んでいたり、遠征ごとに応援に出かけるのは大変だろう。

自宅にいながら、“応援”をスタジアムに送れるアプリ

自宅でスポーツ観戦しながら、スタジアムの応援ができるイギリス発のアプリが「Fanmode」だ。スポーツファンたちとの交流を深められるという。

ユーザーはお気に入りのチームをピックアップし、試合の間、アプリを通じて感情表現ができる。例えば、上にスワイプすることで応援、下にスワイプしてブーイング、タップすることで拍手といった具合だ。

面白いのが、スマートフォンを手に持って振ることで、チームの旗を振って応援するのを再現する点。チームカラーで埋め尽くされた会場にシンボルの旗が揺れる、あの風景を思い浮かべられるかもしれない。

スタジアムの大スクリーンに“応援”表示

ユーザーがおこなったアクションはその都度カウントされ、一定回数以上のアクションが登録されると、右にスワイプして“Super Cheer”を実行できるようになる。すると、「Fanmode」のデジタルダッシュボード“Vibeboard”に情報が送信される。ちなみに、ダッシュボードにはアプリまたはオンラインサイトからアクセス可能。

このダッシュボードに送られた情報は、スタジアムの大スクリーン上や、トイレ、通路トンネル内などに表示される。ユーザーの応援は、プレイヤーや場内の他の観客の目に触れることとなり、自宅にいながらにして、応援がスタジアムで反映されるというわけ。ファン同士が試合実況中継のように、リアルタイムでチャットで交流して楽しむこともできる。

「Fanmode」はFIFA ワールドカップ中に試験運用された。ファンの感情をデータで吸い上げ、いち早くキャッチすることで、適切なタイミングでクラブの関連グッズの広告を提供するなど、マーケティング的な活用方法もありそうだ。

スポーツファン同士をITの力でつなぎ、新しいスポーツエンターテイメントを体感できる仕組み。アプリは無料で、iOS、Androidの両方に対応している。

Fanmode

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP