ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

材料を入れてボタンを押すだけ!新鮮な自家製クラフトビールを醸造して味わおう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ年の瀬が迫ってきた。これからは忘年会のシーズンだ。「とりあえずビール!」なビール好きなら、自宅でビールを醸造してみたくはないだろうか。

全自動で自家製ビールが醸造できる!

「Brewie」は、フルオートでビールを自家醸造できるマシン。ボタン1つで、200以上もの醸造プロセスを自動でおこなってくれる。お好みのビールも思いのままだ。初心者も、醸造に慣れた人のどちらも扱える。

初心者向けには、規定の材料の分量が配合済みになっている“Brewie Pad”を使うのがおすすめ。スタウトビール、レッドエール、ピルスナー、インディア・ペール・エールなどのRFIDカードが用意されていて、マシンについているリーダーにカードをかざすと情報を読み取り、後は全自動で醸造が開始される。

醸造経験が豊富な人であれば、醸造プロセスに関わる23のパラメーターを調整したり、10の醸造段階に応じてホップを加えたりと、オリジナルの配合を施すことができる。5~6時間の調理工程の後、5~14日の発酵期間を経て、自家製のビールが完成する。

専用アプリでリアルタイムにモニター

専用のアプリを通じて、スマートフォンでリアルタイムで工程状況をチェックできる。また、完成したらアラートを送信して知らせてくれるので安心だ。さらに、このマシンにはなんと、自動クリーニングシステムが搭載されているのも便利なところ。

「Brewie」はVenture Cup、Startup Spring、Startup Saunaで賞を受賞したという。現在、資金調達プラットフォームIndieGogoでキャンペーンを開催中だ。最近、注目を集めているクラフトビール。専門的な知識は不要、材料を入れたら、あとは自動で醸造を進めてくれる「Brewie」で、出来たてのフレッシュな自家製ビールを味わってみては。

Brewie

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP