ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平井堅、NYで開催の映画「ANNIE/アニー」ワールド・プレミアに出席

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トニー賞7部門受賞した話題のブロードウェイ・ミュージカルを映画化した「ANNIE/アニー」のワールド・プレミアが12月7日 12:30から(現地時間)ニューヨークのZiegfeld Theaterで華やかに開催された。

カーペットには、『Ray/レイ』でアカデミー賞を受賞した主演のジェイミー・フォックスをはじめ、『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』で最年少でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたクワベンジャネ・ウォレスや、この度 ミュージカル映画に初挑戦したキャメロン・ディアスなど豪華キャストらが登場。

日本のファンに向けて「これから映画を見てくださる皆さん、是非楽しんで下さい!最後にありがとうございます。(キャメロン)」と日本語でコメント、「是非 アニーを劇場に見に来て下さい。素晴らしい映画です!(ジェイミー)」「とっても楽しい映画です。みなさんに満足してもらえる映画だと思います!(クワベンジャネ)」とコメント。また 劇中で「Tomorrow」他 名曲を現代風にアレンジしているグラミー賞受賞の音楽プロデューサー:ジェイ・Zは妻のビヨンセと登場、同じくプロデューサーであるウィル・スミスも参加。その他 本作に楽曲を提供した人気アーティストのシーアの姿も見られ、寒さにも負けず 朝早くから会場付近に集まった一般人100人にファンサービスをするなど、プレミアを多いに盛り上げた。

そして今回日本版の主題歌“Tomorrow”を歌う平井堅が映画のワールド・プレミアに初参加し、黒のスーツにキャメルのコートを身につけカーペットに登場、100名をこえる世界各国プレスからのフォトコールやマスコミ向けのテレビインタビューに答える平井堅は少し緊張気味だったが、カーペット上でキャロンやジェイミー、クワベンジャネらハリウッド・スターと談笑する姿も見られ、初のプレミアを楽しんでいた。

今回プレミアが行われたニューヨークは平井にとっても思い出深い場所。そこでこのようなBIGなプレミアに参加した感想を平井は「人生初のプレミアは本当にエキサイティングでした。ジェイミーやキャメロンともたくさん話すことができたし、何よりもこんなに皆から愛される映画に関わることができたことを大変嬉しく思います」とコメントした。

平井堅の歌う“Tomorrow”を聞いたキャメロンとジェイミーは口をそろえて「彼の歌声は最高! 彼はプロフェッショナルで、驚くほど美しい声をしている!彼がこの映画の代表となって日本で宣伝してくれることはとても幸運なこと!本当に素晴らしい」と絶賛コメントを寄せている。

クリスマスを前に、一年で最も華やかな賑わいをみせるニューヨークの地を、ますます華麗に、豪華に彩るワールド・プレミアとなった。この平井堅が歌う「Tomorrow」は12月10日に発売されるニューシングル「ソレデモシタイ/おんなじさみしさ」フルヴォリューム通常盤に収録され、本日12月9日よりハイレゾ音源の配信がスタートする。

平井堅 MORAアーティストページ
http://mora.jp/artist/11270/all

映画『ANNIE/アニー』主題歌“Tomorrow” Performed by 平井堅 特別映像

映画情報
「ANNIE / アニー」
2015年1月24日(土)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー
製作:ウィル・スミス(アカデミー賞ノミネート俳優)& ジェイ・Z(グラミー賞受賞アーティスト)
主演:ジェイミー・フォックス(『Ray~レイ~』/アカデミー賞受賞俳優)、
クワベンジャネ・ウォレス(『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』/アカデミー賞ノミネート女優)
ローズ・バーン(『ダメージ』シリーズ/ /エミー賞ノミネート女優 )
and キャメロン・ディアス (『ギャング・オブ・ニューヨーク』/ゴールデン・グローブ賞ノミネート女優)
監督:ウィル・グラック(『ステイ・フレンズ』)
※全米公開:2014年12月19日

関連リンク

平井堅 official web site:http://www.pinups.co.jp/hirai/
■Ken’s Bar 15th Anniversaryhttp://www.kenhirai.net/bar/
平井堅 YouTube Official Channelhttps://www.youtube.com/channel/UCtwtMDxG0n0Yd0qds38ff0Q

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP