ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

偏差値93.7ミス日本候補東大医学部生 人生観変えた恐怖体験

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「第47回ミス日本コンテスト2015」の最終審査に臨む14人が12月1日に発表された。候補者の中で異色の経歴なのが「東大医学部の現役女子大生」である秋山果穂さん(21)だ。

 東大医学部は定員100人(理科III類)の国内最難関だが、秋山さんの成績はその中でもトップクラス。高校時代は東大模試で「偏差値93.7」を叩き出したこともある。

 藤原紀香をはじめミス日本をステップにタレント活動に踏み出すケースは少なくないが、プロフィールには「将来の希望:医師」とある。なぜ応募したのか。本人を直撃した。

「候補者に選ばれると、日本神話や伝統芸能、メイクやファッションについてその道の一流の先生から学ぶ勉強会に参加できます。これまで学校の勉強ばかりだったので、選考のプロセスで幅広く学べることに興味を持ちました」(秋山さん)

 と、まずは才女らしい“模範解答”が返ってきた。そこで「美人で偏差値93.7だと周知されると、世間から妬まれるのでは?」と少々イジワルな質問をするとこう答えた。

「実はこれまでもテレビのクイズ番組への出演依頼などがあったのですが、目立ちたがり屋だと批判されるのが怖くて断わってきました。自分で『豆腐のメンタル』というくらい精神的に弱いので(笑い)、不安は今も変わりません。ただ今年の夏休みに意識不明の重体になる経験をして、回復してからは保守的に過ごすのはやめようと考えるようになりました」

 夏休みに友達とサイクリング中、サンバイザーが風で飛ばされそうになってハンドルから両手を放したところ、そのまま転んで頭を打ったのだという。

「運動は苦手で…。運び込まれた病院で開頭手術を受けた後にICUに入り、『あと30分遅かったら助からなかった』といわれました。今は生きているうちになんでもやってみなきゃと思っています」

 取材の最後に「写真は載るんでしょうか?」と逆質問する秋山さん。掲載したい旨を告げると「あの…きれいに写っているのを選んでください。お願いします!」と21歳の女子大生らしい一面も。東大生のミス日本は過去に2回(第9回、第30回)あるが、今回はどうか。

※週刊ポスト2014年12月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東大卒フリーライターが東大生独特の劣等感や悩みを記した本
【問題】「963 288 224 ? 64 24 8」?に何が入るか
東大OB評論家が東大卒官僚や学者のダメさ加減を指摘した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP