ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美人演歌歌手・水田竜子 「ヒット曲出るまで15年かかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いずれは紅白歌合戦! というわけで「平成の美人演歌歌手」のひとりとして紹介するのが、水田竜子(37)。

「地元の北海道・旭川はカラオケが盛んで、カラオケ大会も頻繁にありましたし、一家に一台はカラオケ機があるんです。そんな環境で育ったので歌は大好きでしたが、決して上手くはなかったんです」

 地元のカラオケ教室でこつこつ練習を続け、NHK『のど自慢』のグランドチャンピオンとなる。これをきっかけにレコード会社にスカウトされ、高校を1年で中退して上京した。

「ヒット曲が出るまで15年かかりました。多くの先輩や同期がやめていきましたが、落ち込まず、前向きに一生懸命やるのは得意なので、ここまで続けてこられたのかな」

 2月にリリースされた『平戸雨情』では長崎・平戸の数々の名所や風景を織り込んだ恋心を歌う。

◆水田竜子(みずた・りゅうこ):1977年1月4日生まれ。北海道出身。1994年『土佐のおんな節』でデビュー。2007年『紅花の宿』で日本レコード協会「ゴールドシングル」を受賞。新曲『噂の港』が2015年2月4日発売。

撮影■樂満直城

※週刊ポスト2014年12月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神ファンが「来年こそ優勝や!」と叫ぶに最適なカラオケ店
売れた歌手は儲かる 高橋ジョージの印税収入は全盛期22億円
misono セーラー服着て国生さゆりとおニャン子を号泣熱唱

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP