ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忌野清志郎「イマジン」が日本ユニセフ協会の公共CMに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョン・レノンの命日である12月8日、忌野清志郎が「イマジン」日本語バージョンを歌う日本ユニセフ協会の公共CMが公開された。

このCMは、ユニセフ史上最大規模の世界的市民参加+募金キャンペーン『イマジン・プロジェクト』をスタートさせたユニセフ本部の思いから“Love & Peace”のメッセージを発信し続けた清志郎が歌うジョン・レノンの「イマジン」がフィーチャーされたもの。映像は、2007年12月8日に日本武道館でおこなわれた〈ジョン・レノン音楽祭2007 Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ〉で、仲井戸”CHABO”麗市(Gt)、新井田耕造(Dr)、厚見玲衣(Key)という、ベースレスでのRCサクセションともいえるメンバーと共に演奏されたライヴのもの。曲中ブレイクして「ほら、ここにいるぜ」と呟く清志郎の姿は何度観ても涙腺が緩む、ファンにとっては忘れられない名シーンだ。

CMは12月中旬以降、東京都内各所の屋外ビジョンでも公開され、2015年1月31日まで放映される予定。開始日・終了日は、各屋外ビジョンで異なるとのこと。また、デヴット・ゲッタのアレンジによる“世界の声”バージョンの『イマジン』が、12月31日、世界一斉に発表・配信されることも発表されている。詳細はユニセフHPまで。(岡本貴之)

・ユニセフHP

“target=”blank”>http://www.unicef.or.jp/news/2014/0178.html

#IMAGINE(イマジン)-ロングバージョン/日本ユニセフ協会


“target=”blank”>https://www.youtube.com/watch?v=iWH7IItEMMo

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP