ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia S、Xperia acro S、Xperia ionにAndroid 5.0(Lollipop)が移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

だいぶ前に OS アップデートの打ち切られた Sony Mobile の 2012 年モデル「Xperia S」、「Xperia ion」、「Xperia acro S」に最新の Android 5.0 (Lollipop)が移植されています。いずれも、「Snapdragon S3」プロセッサを搭載した今となっては古い機種なのですが、スペック的には Android 5.0 (Lollipop)の動作要件をクリアしている内容です。まだまだ現役ですね。今回リリースされた ROM は AOSP をベースに ROM 開発者が独自にビルドしたものです。Xperia S 用は Android 5.0.1 をベースにしたものまで開発されています。それぞれ異る方が提供していますが、開発は継続しているようで、日々ビルドアップしています。ROM の導入方法は ClockworkMod や TWRP などのカスタムリカバリ経由でインストールする方式を取っているので、ブートローダーのアンロックや root 化(リカバリを書き替えるため)が必要になります。Source : XDA Developers(Xperia S)(Xperia S Android 5.0.1)(Xperia ion)(Xperia acro S


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 5.0ではChromeのシークレットタブを通知し、一括で閉じることが可能
ジャングル、Androidスマートフォン・タブレットでPCの光学ドライブに入れたDVDを観賞できる「iSmartDVD」を12月11日に発売
スクエニ、スマートフォン版ドラクエVを近日配信、ドラクエIVを33%値下販売(更新:12月12日配信)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP