ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐藤 博、名盤「アウェイクニング」が高品質CD2枚組スペシャル・エディションで復刻

DATE:
  • ガジェット通信を≫

佐藤 博、1982年発売のアルバム「アウェイクニング」が高品質CDの2枚組スペシャル・エディションとして復刻される。

1975年に細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆からなるユニット「ティン・パン・アレー」に参加、76年にはソロ活動もスタートした佐藤 博。以来、数々のアーティストのサウンドプロデュースやセッションワークを手掛けながら、近年ではDREAMS COME TRUE“史上最強の移動遊園地DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2007”の音楽監督や、青山テルマ「そばにいるね」のサウンドプロデュースなど、常に第一線で活躍を続けていたが、2012年10月に残念ながらこの世を去った。

1982年、彼がカナダの女性ボーカリスト・ウェンディ・マシューズをフィーチャーし、バック・トラックのほとんどを自身の多重録音で仕上げた画期的な4thアルバム「アウェイクニング」(ギターのみ山下達郎、鳥山雄二、松木恒秀が参加)が、12月10日に2枚組スペシャル・エディションとして復刻される。

Disc1は、“原点回帰”として1982年のアナログレコード発売当時のオリジナル・ヴァージョンを収録。そしてDisc 2には、未発表音源としてヴォーカル曲のOff Vocal Track、Off SE(波の音)Track の8曲を収録したが、各曲ともあえてDisc1のオリジナルの尺にあわせることはせず、残された音源をフルサイズで収録している。さらに、1986年初CD化の際に収録された「BLUE AND MOODY MUSIC(WENDY’S VERSION)」、2005年に佐藤博自らがリミックスした「IT ISN’T EASY」の2曲もあわせて収録した。

このアルバム「アウェイクニング」は、打ち込みの無機質さを全く感じさせないメロウでソウルフルなサウンドを醸しており、ジャパニーズ・ポップスの永遠の名盤との誉れも高い作品。中島美嘉や松任谷由実、平井堅といった錚々たるアーティストのプロデュースを手掛けてきた冨田ラボが、「自身の音楽に最も影響を与えてくれたアルバム」と語っており、このスペシャル・エディション盤のライナーノーツを引き受けた。

今作は“原音回帰”として、アルバム制作当時のレコーディング&ミックス・エンジニアである小池光夫氏による最新リマスタリングを施し、高品質CDのBlu-specCD2での発売で、当時の音を忠実に再現している。収録楽曲ほか、アルバム詳細はスペシャルサイトを確認のこと。

佐藤 博「アウェイクニング」スペシャルサイト
http://www.110107.com/hiroshi_awakening

リリース情報
佐藤 博「アウェイクニング」
2014年12月10日発売
MHCL30275~6 3,000円+税
※Blu-spec CD2仕様

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP