ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スリリング過ぎる!?地上120mに張られた“クモの巣”とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高いところや絶叫マシンが好きな人は少なくないが、かなりのツワモノでもさすがにこれはお手上げだろう。

アメリカ・ユタ州のモアブに拠点を置くアスリート集団「Moab Monkeys」が、モアブ砂漠の峡谷から地上120mの場所に、手作りでクモの巣状のネットを制作してしまった。

高所を綱渡りするパフォーマンスで有名な彼らが練習場所として作成したこのネットは、5カ所の崖からワイヤーで繋がれている。

ワイヤーの長さは、一番短いものでも崖から60mも離れている。

このワイヤーを渡りきらないと、“空中の楽園”にはたどり着けないのだ。

やっとの思いで渡りきると、色とりどりのネットで編んだ“楽園”が待っているのだが…楽園と言ってもそこは地上120mの世界。

見ているだけで身がすくんでしまう…。

しかし、さすが彼らは動じることなどまったくない。

むしろネットの上でリラックスし、楽しんでいるようだ。

ネットで休憩したら、またワイヤーで戻る…わけではなく、なんとそのまま中央の穴から躊躇いもなくスカイダイビング。

ホントにどこまでも命知らず。

この場所でさらなるトレーニングを積んだMoab Monkeysが、今後私たちにどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今から楽しみだ。

Slackline Media
http://slacklinemedia.com/
Facebook
https://www.facebook.com/brian.mosbaugh.7

スポーツ(まとめ)

The post スリリング過ぎる!?地上120mに張られた“クモの巣”とは appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP