ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大スクリーンでの上映にファン感涙! 劇場版『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡!』上映&烈豪声優の渕崎さん池澤さんスペシャルトークレポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

烈豪声優

11月16日お台場シネマメディアージュにて『映画 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡!』上映会&スペシャルトークイベントが開催された。

『映画 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡!』は1997年に上映されたアニメ映画。上映リクエストサービスの『ドリパス』で常に上位に入っていたことから劇場上映されることが決定となった。

イベントには星馬烈役の渕崎ゆり子さんと星馬豪役の池澤春菜さんのお二人が登場し、当時の制作秘話や、いま改めて作品を観た感想などを思うままに語った。渕崎さんと池澤さんがそれぞれ烈と豪のイメージカラーである赤、青のドレス姿で登場したときから感動のあまり涙を流すファンも。それだけ待望されていた上映会イベントであったということの現れだろう。

いま語られる制作秘話に感涙! ファン必聴のスペシャルトーク!

池澤さん渕崎さんアミノさん

待望の上映会ではシリアスな展開や小学生っぽさあふれるギャグなど、感情豊かに動きまわるキャラクターたちの姿を再び観ることができた。いまとなってはCGで描かれることが主流になってきているが、当時は全て手描きで制作されていたという。テレビシリーズで培った技術を活かした作画はいま観ても迫力満点だ。笑いあり、涙ありの作品が終了した際には会場から大きな拍手が聞こえてきた。

続いて作品の上映後に行なわれたトークイベントには、さっきまでスクリーンを所狭しと走り回っていた烈豪兄弟の声優、渕崎ゆり子さんと池澤春菜さんが登場。さらにサプライズとして無印版と劇場版の監督であるアミノテツロー監督も急遽登場し、制作時の裏話などが語られた。

監督には久しぶりに会ったというお二人だが、収録に使用していた劇場版の台本を手にして思い出話に花を咲かせる。当時のアフレコについて池澤さんは「当時はまだ新人で大学生ぐらいでした。渕崎さんや先輩方が盛り立ててくれてすごく良い現場でした」と振り返り、渕崎さんは「にぎやかでお酒を飲む楽しい人達ばかりでした(笑)」とコメントした。

急遽参戦したアミノ監督からは劇場版の制作秘話が飛び出した。元々のプロットでは遺跡のレースやタイムスリップなどを描いていたのだが、原作者のこしたてつひろ先生からNGが出たため「少年とミニ四駆の話を描く」という原点に立ち返って『暴走ミニ四駆』が産まれたのだそうだ。いま改めて作品を観ると、レースシーンでの作画の迫力や、ミニ四駆視点で移動するシーン、それぞれのキャラクターが複雑に動きまわるストーリーなど見所満載だ。作品についてアミノ監督は「小手先でどうにかしようとか思わず、とにかく勢いだけで作っていた。脚本のライターも作品が好きな人が多かった」と当時を振り返った。

他にもTVシリーズの監督加戸誉夫氏やキャラクターデザイン・作画監督の高見明男氏からのコメントが届くなどファンのみならず渕崎さん、池澤さんにとって嬉しいサプライズも。返すサプライズとして渕崎さん、池澤さんからは予告パートの生アフレコが披露された。手書きで書き起こした原稿を元に読み上げていたのだが、息のピッタリ合った掛け合いに会場は大満足。

作画監督書き下ろしの烈と豪が描かれた色紙や当時の劇場版のサイン付きポスターなど貴重なプレゼントもありファンは大満足。終演後には物販に長蛇の列が並び、17年越しの上映を思う存分楽しんだ。

『コロコロアニキ』での新作掲載や、Blu-ray BOX発売などで再び『レッツ&ゴー』ブームの兆しが見えた2014年。今後の展開があるのかないのか、まだわからないが『レッツ&ゴー』ならびにミニ四駆ファンにとっては来年も何かが起きそうな予感は尽きないだろう。

Let'sGo_WGP

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』Blu-ray BOX 好評発売中
価格 5万8800円(+税)
商品仕様
・オリジナルネガフィルムをHDテレシネにてリマスタリング
・収録ディスク9枚組 ・デジパック仕様 ・音声:リニアPCM
・特典:キャラクターデザイン高見明男描き下ろし収納BOX
・解説書

Lets&Go_3D

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP』 Blu-ray BOX 12月19日発売
価格:5万8800円+税
商品仕様:
・オリジナルネガフィルムをHDテレシネにてリマスタリング
・収録ディスク9枚組 ・デジパック仕様 ・音声:リニアPCM
・特典:キャラクターデザイン高見明男描き下ろし収納BOX
・解説書

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』公式サイト
http://cgi.shopro.co.jp/tv/let_go/

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。