体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界の「家族」と一緒に。私のクリスマスの過ごし方

medium_4197061198

photo credit: micamica via photopin cc

旅を通して港を探す、TRiPORTライターのレティです。

みなさんはクリスマスと聞くとどんな気持ちになりますか? 恋人がいるのなら、デートはどこにしようかなと思いながら、わくわくするはずです。あるいは12月のラブラブな雰囲気にイラッとしながら、普通に毎日を送る人も少なくありません。

日本のクリスマスはバレンタインデーとさほど変わらないと思いますが、日本生まれ育ちのみなさんにとっては当たり前でしょう。では、他の国でクリスマスとはどんな日なのか考えたことがありますか? あるいは、他の国から日本に来た人はどんなクリスマスを過ごしているかご存知ですか?

国によってその答えが違うはずですが、イタリアだと「クリスマス=家族で過ごすもの」です。だから、日本にいるにせよ、イタリアに帰っているにせよ、クリスマスになると私は「家族」を求めます。

というわけで、今日は私の日本における「家族クリスマス」、そしてイタリアにおける「家族クリスマス」を紹介します。

20080105_46

Yuichi Yokota「Italy2008

「家族」を求めて、「家族」を作る。私のジャパニーズクリスマス

8年前、はじめて日本で留学した時の大きなカルチャーショックといえば、日本のクリスマスでした。日本で生まれ育った方にとっては「恋人と過ごすラブラブのクリスマス」が当たり前でしょうが、私にとっては信じられない事実でした。

幸いなことに恋人が近くにいたので、その「特別なクリスマス」を楽しく過ごすことができました。しかし、日本にいる時間が長くなればなるほど、クリスマスになるたびホームシックになるようになりました。アメリカやヨーロッパから来ている人にとっては、クリスマスは家族と一緒に過ごすものですし、家族と離れた場所で過ごす人にとって、クリスマスほど寂しい時期はないかもしれません。

では、少しでもその寂しさを和らげるためにどうすればいいでしょうか?

一番簡単なのは、きっと帰省することでしょうけれど、毎年日本から離れた地元には簡単に帰れるわけではありません。自分が帰れないときは、家族が日本に来てくれることもたまにありますが、これもまた毎年というわけにはいきません。

そのため、家族から離れて日本でクリスマスを過ごすときは、日本で「家族と過ごすクリスマス」を自分でつくりあげるしかないと私は思います。つまり、日本で一緒に過ごせる「家族」を作るということです。ここの「家族」とは、必ずしも血縁関係を指すものではありません。実際に日本で結婚して、子どもをつくる人も多いですが、血のつながりがなくても家族のような存在がきっといることと思います。

541396_10152494600894937_201462212_n

イタリアに帰るのを楽しみにしていたのに、日本から離れられず、とても落ち込んでいました。姉だけ来日することになっていて、再会できるのはすごく嬉しかったのですが、一方でクリスマスに相応しい雰囲気にならないと落ち着けない部分もありました。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会