ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安倍政権が強い理由 民主党や第3極がだらしないからと識者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 選挙戦が盛り上がっていない。民主党は戦う前から政権交代の旗を降ろしてしまった。世論調査では自民党の支持率が民主党をトリプルスコア以上で引き離している。このままなら自民、公明の与党が圧勝し、安倍晋三政権の続投は確実である。これでは有権者の関心を引かないのも当然だろう。

 振り返れば、日本維新の会やみんなの党が議席を伸ばした2012年総選挙は「第3極の躍進」が焦点だった。その前の2009年総選挙は民主党が政権を奪取し「2大政党制が到来か」と思わせた。

 ところが、いま第3極はばらばらで、2大政党制も望むべくもない。なぜ、こんな状態なのか。出発点は2009年の政権交代である。あのとき、多くの国民は民主党政権の誕生を熱狂的に歓迎した。

 当時の民主党マニフェストをみると「官僚丸投げ政治から政治家主導の政治へ」とか「中央集権から地域主権へ」といったスローガンが並んでいる。「各省縦割りの省益から官邸主導の国益へ」とか「内閣の下の政策決定に一元化」という言葉もある。

 これを見て、あらためて思う。いまの安倍政権とまるっきり同じじゃないか。民主党政権だって謳い文句は同じだったのに、なぜいまの安倍政権だけがこんなに強いのか。野党に冷たいようだが、はっきり言おう。民主党や第3極がだらしないからだ。

 違う歌手が別の歌を歌うなら、拍手の数が変わっても不思議ではない。だが、歌は同じで歌手が変わっただけで拍手が違うのは、歌手がうまいからに決まっている。民主党は下手だった。

 たとえば、官僚丸投げ政治を打破できたか。最初は政務三役が役所を仕切ると言っていたが、菅直人政権で行き詰まり突然、財務省の消費増税路線に舵を切った。安倍政権が見直した増税路線の源流は菅政権にある。

 政権を握った経験がない第3極は、もしかしたら同じ歌でも上手に歌える可能性はある。維新の党の江田憲司共同代表が「岩盤規制の打破は私たちでなければできない」と強調するのは「もっと上手に歌える」という話である。問題は国民がそれを信じるかどうか、だ。

 自公政権のほうは歌の中身をどんどんグレードアップしている。集団的自衛権の容認は典型だ。憲法の有権解釈権は政府にある。官僚機構にすぎない歴代の内閣法制局が反対してきたのを、内閣が乗り越えて容認したのは政治家主導そのものではないか。

 解釈変更の閣議決定だって本来、法律改正のために必ず必要な手続きではない。そうしたほうが透明で、より国民に丁寧な手法だからだ。手続き論でいえば、野党が「閣議決定などとんでもない」と批判できた話ではないのだ。

 民主党が解散にあわてて増税先送りを容認したのはみっともないが、まあ良しとしよう。集団的自衛権が問題というなら、中国や北朝鮮の脅威をどうみるのか、日本の平和をどう確保するのか、ぜひ具体的に語ってもらいたい。

 安倍政権の前には「決められない政治からの脱却」が叫ばれた。いま脱却しつつある。5年前に自分たちが言い出した政治家主導や官邸主導の中身が問われているのだ。

 選挙制度の見直しはもちろん必要だ。与党が強すぎるのは小選挙区制度の下で死に票が増えてしまうのも理由の1つである。1票の格差是正を目指した区割りの見直しだけでなく、そもそも現行制度でいいかどうか。全面的な比例代表制も含めて、総選挙後には徹底的に議論すべきだ。

■文/長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ):東京新聞・中日新聞論説副主幹。1953年生まれ。ジョンズ・ホプキンス大学大学院卒。規制改革会議委員。近著に『2020年 新聞は生き残れるか』(講談社)

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自民政権が50年間達成できず民主政権が2年で達成できたこと
「民主党はまた政権交代できるが今のままじゃだめ」と小沢氏
武村正義氏 謙虚さが足りない「小沢・鳩山・菅」に引退勧告

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP