ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女芸人屈指の酒豪いとうあさこ 大久保佳代子との飲み友秘話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 泥酔して失敗すること数知れず、それでも今日も飲んでしまうのは、お酒がかけがえのない喜びと楽しみをもたらしてくれるから。お酒が大好きな芸人・いとうあさこ(44才)に、お酒にまつわるエピソードをご開陳してもらおう。

「日本酒の“味”がとにかく好きで、一度飲みだすと、時間が許す限り飲み続けちゃうんですよね。この体質ってたぶん家系かと…」(いとう・以下「」内同)

 日本酒好きで、“ざる”って、聞きしに勝る酒豪っぷりじゃないですか!

「うちの両親は、70才を超えた今でも、とにかく楽しそうに、おいしそうにお酒を飲むんですよね。だから、酒=楽しむものというイメージがあるんです。

 とくに母は、日本酒をロックで飲むんですが、気づいたら私も最近、そうやって飲むようになっていましたね」

 何かを忘れるためというわけではなく、幸せを感じるために酒を飲むのだという。ということは、そんなに失敗はない?

「いやいや、記憶をなくすのはしょっちゅう(笑い)。この前も泥酔して帰った時、歩道橋の階段の裏に激突したみたいなんですよね、覚えてないんですけど(笑い)。朝起きたら、おでこに真一文字の傷があって、もうびっくり! でも早速その夜、傷を肴に大盛り上がり。また飲み明かしましたけどね(笑い)」

 ちなみに、飲み友であるオアシズの大久保佳代子(43才)とはこんなエピソードも。

「自分でつまみを作ってひとりで家飲みすることもあるんですが、以前はよく、さびしくて“居酒屋あさこ開店しま~す”なんてツイッターをしていたことがあったんです。で、いつも真っ先に応えてくれるのは、やっぱり大久保さん。女飲み友達ってありがたいですよね」

※女性セブン2014年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
椿鬼奴 12時間以上飲んで色々自慢したくなったら酒中止
みのもんた氏 一晩で1000万円伝説に「ちょっとオーバー」
島田律子 冷え性対策にコップ2~3杯の日本酒を湯船に入れる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP