ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

心血管改善にA評価のDHA インフル対策にも期待の実験結果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冬の訪れとともに、気になるのがインフルエンザ。首都圏では7年ぶりで11月中に流行が始まったことも話題となり、予防への取り組みを強めている家庭も多いだろう。そうした中、11月にDHA・EPA協議会より発表された「DHA・EPA協議会ニュースレター VOL.5」によると、秋田大学と大阪大学が実施したマウスを使った共同研究により、青魚などに含まれる不飽和脂肪酸DHAに、インフルエンザを予防・治療する働きが期待される結果が出た。

 この共同研究では、2009年に日本でも大流行した「インフルエンザ(H1N1)2009」を感染させたマウスに対して、DHA代謝物(プロテクチンD1、以下PD1)がどういった効果を表すかを検討・確認したもの。

 そのひとつは、インフルエンザ感染前と感染直後にPD1を投与したマウスと、投与していないマウスを比較。前者が感染後14日間の生存率が100%に対して、後者は10日で40%を下回るなど、PD1がインフルエンザに予防的に働くことが示された。また、PD1がインフルエンザウイルスに与える影響について調べた培養細胞を使った実験では、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用が確認されたという。

 こうした結果を受けて、予防医学と食の関係を研究する早稲田大学研究院の矢澤一良教授は、DHAの有用性や可能性について大きな期待を寄せる。

「予防医学は、病気になってから治療する『治療医学』とは異なり、病気にかからないことを目指しています。同じ環境で生活しても、風邪をひきやすい人とひきにくい人、生活習慣病にかかりやすい人とかかりにくい人がいます。実はその違いは食べ物にあることが少なくありません。だから食べ物を賢く選んで、ヒトの機能を調節する――その考え方が予防医学の根底を成しています。治療医学においても予防医学と同じ目的で、ワクチンを用いた予防接種が行なわれています。しかしワクチンに相当する作用を持つ食品成分も存在します。そのひとつがDHA・EPAです。

 DHA・EPAは免疫力を向上する作用がすでに認められているため、インフルエンザの予防を期待できることがわかっていました。今回の実験結果から、インフルエンザウイルスの種類にかかわらず、DHA代謝物は体内に侵入したウイルス増殖を抑制する可能性が十分にあり、このことは大変貴重な成果であるととらえています。今回見出されたDHA代謝物の作用が、DHAの摂取で起こるかという点については、現段階ではまだわかりませんが、私は今後の研究の進展により解明される可能性があると考えています」

 DHAとEPAはいずれも青魚に含まれる脂肪酸で、近年、国内外で注目されている成分のひとつ。消費者庁は2012年に行なった「食品の機能性評価」の中で、DHA・EPAの「心血管疾患リスクを低減する」「血中中性脂肪を低下させる」「関節リウマチ症状緩和する」の3つの機能性を「A」(=機能性について明確で十分な根拠がある)と評価。ちなみに同機能性評価のうち、Aを獲得している成分はDHA・EPAだけである。

 そのほか日本人を対象にした疫学研究では、DHA・EPAを1日0.9g以上摂取している人は心筋梗塞のリスクが減ることもわかっている。これを受けて厚生労働省は、「日本人の食事摂取基準(2010年版)」でDHA・EPAの摂取目標を「1日1g以上」(18歳以上)として、積極的に推奨している。

 しかし現実には、食事の欧米化が進み、日本人の魚の摂取量は20年程前と比較して約3/4に減少。特に30~49歳の男性のDHA・EPA摂取量が少なく、1日あたり0.325gと、厚生労働省の目標値1gには遠くおよばない。こうしたDHA・EPAの摂取不足を補う目的で、同ニュースレターでは料理研究家・浜内千波先生による、この時期に旬の魚を使ったレシピも紹介。そのうちのひとつが、寒さが増した今の季節にぴったりで、簡単にできる「ブリのあつあつ茶漬け」だ。

<材料/4人分>
ご飯 4杯分/ぶり(刺身) 300g/のり、わさび、ねぎ 適宜/お茶か熱湯 たっぷり/しょうゆ 適宜/ごま 少々

<作り方>
ぶりを薄く切り、ご飯の上にのせ、ねぎ、のり、わさびをトッピング。しょうゆをかけ、お茶か熱湯を注ぐ。

 健康に効果的な栄養を摂れる簡単レシピというだけでなく、暴飲暴食しやすいこの季節に、“サラッとしていて、身体があたたまって、免疫力アップ”というのは、嬉しいメニューでもある。うがいや手洗いといった“ウイルスを入れない”予防策と合わせて、旬の魚を取り入れたレシピなどは、身体の“内側からも予防する”アプローチの幅を広げてくれそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
死因1/3占める疾患 リスク軽減にA評価の成分や特定健診を
R-1ヨーグルトだけじゃない ダチョウ抗体等インフル予防商品
新型鳥インフルエンザH7N9とH5N1の違いとは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP