ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シナリオアート、ツアーファイナルで来春にフルアルバムリリースを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シナリオアートのワンマンライブ「[Chapter #7} -Tokyo melancholy-」が12月5日東京・渋谷WWWにて開催された。

これはシナリオアートが9月17日にリリースした2ndミニアルバム「Tokyomelancholy -トウキョウメランコリー -」を記念して、大阪と東京で行われたワンマンシリーズで、両公演共にチケットは即日ソールドアウト。会場には早くから開演を心待ちにしたファンが詰めかけた。

初ワンマンライブとなった9月の代官山UNITとはまた違う演出を凝らし、1曲目は「トウキョウメランコリー」からライブはスタート。新作のみならず、インディーズ時代にリリースされた楽曲や、未発表曲を含み本編は全17曲を演奏。途中、映像とシンクロする場面やSEを盛り込み全体がひとつのストーリーとなるような、趣向を凝らした演出で本編を終了した。

アンコールにはお揃いのワンマン限定Tシャツで再び登場し、ここでギターボーカルのハヤシコウスケから来春にファーストフルアルバムのリリースが予定されていることが発表され、またそのアルバムに収録予定の新曲が披露された。滋賀から上京しそれまで東京がキライだったコウスケが、挫折と孤独を感じながらも音楽のチカラを信じ少しづつ人と繋がっている現在のモードで描いた明るくカラフルなナンバーに、会場は自然に手拍子が溢れ、多幸感に包まれた。

アンコールのラストは「ハジメマシテ」で終了。演奏後、ドラムボーカルのハットリクミコが感極まり涙する場面もあり、気持ちの伝わる約2時間のライブは幕を閉じた。

これまでリリースされた2枚のミニアルバムでもその物語性に注目が集まっていた彼ら。1stフルアルバムの詳細はこれから明らかになるとのこと。

photo by 佐藤 広理

シナリオアート「[Chapter #7} -Tokyo melancholy- 」セットリスト
1.トウキョウメランコリー
2.ハロウシンパシー
3.シュッシュポップ
4.ロードオブザジーニー
5.サヨナラコウコツ
6.ウォーキングムーン
7.パペットダンス
8.ワンダーボックス
9.ブレーメンドリームオーケストラ
10.ホワイトレインコートマン
11.ドリーミーラブストーリー
12.ボートレイトボヤケル
13.アオイコドク
14.スペイシー
15.ラブマゲドン
16.ナツノマボロシ
17.ノスタルジックユウグレ
E1.新曲(タイトル未定)
E2.ハジメマシテ

関連リンク

シナリオアート オフィシャルサイト:http://www.scenarioart.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP