ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

指揮棒が途中でライトセーバーに……海外交響楽団による『笑ってはいけない演奏会』動画が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』の映画音楽、『帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)』を演奏した、バンクーバー交響楽団の動画がネットで話題になっています。

【関連:「スター・ウォーズ」カーナビ発売決定】

前半は普通に指揮する指揮者(Bramwell Tovey氏)。しかし後半になると突然「ゴソゴソ」何やら取り出してきます。次の瞬間振り上げたのは?指揮棒じゃなくライトセーバー!!
指揮棒をライトセーバーに持ち替え、右に左にと振り回します。
兎に角やりたい放題で挙げ句の果てには、ライトセーバーをバイオリンに見立てエア演奏までする始末。

▼動画
http://youtu.be/xPK3IJBiTDs

その姿を目の前にした奏者の皆さんは、指揮者を見ないよう楽譜に目を落としてしまいます。
ただ、トロンボーンの方は一段高いところに座っているので、嫌でも目があってしまう様子。顔をゆがめながら苦しそうに演奏続行……。

この動画は2012年に投稿されたものですが、最近ネットで再び注目されるようになり、日本のユーザーからは「笑ってはいけない演奏会」と呼ばれています。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP