ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チームしゃちほこ、武道館ライブから圧巻「抱きしめてアンセム」パフォーマンス映像を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 名古屋発スターダスト芸能3部所属の高校生アイドル6人組、チームしゃちほこが最新映像作品である『しゃちサマ2014~神々の祭り~at日本武道館』から「抱きしめてアンセム」のライブ映像をYouTubeチャンネルにて公開した。

◎「抱きしめてアンセム(Live at 武道館) from しゃちサマ2014」
http://youtu.be/Tbj6Ng9gBLs

 紙テープが武道館に舞う中披露された「抱きしめてアンセム」は、過去「恋人はスナイパー」、「乙女受験戦争」などを手掛けてきた浅野尚志氏によるアップテンポ・ナンバー。奇抜でユニークな振付をメンバーと武道館に集まった1万人が披露する画は圧巻。さらに当日はスペシャルゲストとしてROLLY氏が生ギターで参加、より壮大に、よりパワフルになっている。

 チームしゃちほこは過去放送したニコニコ生放送の番組を一挙に再放送する「ニコニコ7DAYS」が昨日より実施中。また14日にはツアーファイナルである渋谷公会堂公演をニコニコ生放送で生中継することも決定している。

◎リリース情報
DVD/Blu-ray『しゃちサマ2014~神々の祭り~@日本武道館』
2014/12/24 RELEASE
<Blu-ray>WPXL-90087 7,560円(tax in.)
<DVD>WPBL-90313/4 6,480円(tax in.)

◎チームしゃちほこ「シャンプーハット」発売記念 ニコニコ7DAYS特集
~初夜~
2014/12/07(日) 開場:19:50 開演:20:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv201499816
2013年7月19日に行われたチームしゃちほこ「そこそこプレミアムなイベント」を再放送!

~第二夜~
2014/12/08(月) 開場:19:50 開演:20:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv201500058
2013年8月13日にオンエアされた「チームしゃちほこ映像作品発売記念!
Zepp Nagoya公演を全部見せますSP 生出演も?」を再放送!

~第三夜~
2014/12/09(火) 開場:19:50 開演:20:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv201500242
2013年9月20日にオンエアされた「BLITZ前夜祭!10月30日 発売シングルMV初公開スペシャル!!」を 再放送!

~第四夜~
2014/12/10(水) 開場:19:50 開演:20:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv201500313
2013年9月21日にオンエアされた「ZeppZeppBLITZツアー初日独占LIVE生中継」を再放送!

~第五夜~
2014/12/11(木) 開場:19:50 開演:20:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv201500506
2013年11月30日にオンエアされた「愛の地球祭 購入者特典イベント生中継!!」を再放送!

~第六夜~
2014/12/12(金) 開場:19:50 開演:20:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv201500666
2014年4月19日にオンエアされた「Zeppツアーファイナル!! 名古屋公演」を再放送!

~第七夜~
2014/12/13(土) 開場:19:50 開演:20:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv201836708
2014年8月8日にオンエアされた「ファーストアルバムひまつぶし詳細を発表SP」を再放送!

◎ニコニコ生放送
『チームしゃちほこ ~僕らのカラオケワンダーランド~ ツアーファイナル渋公から生中継SP』
2014/12/14(日) 開場:14:50 開演:15:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv201837370

関連記事リンク(外部サイト)

チームしゃちほこ とりあえず武道館まで完走~ビルボードジャパン編集部が追った1か月~
チームしゃちほこ、12/13のフリーイベント詳細発表“びしょ濡れ必至”のバブルクリスマスに
<引き続き追いかけ中!Vol.5>チームしゃちほこ、大阪公演で坂本遥奈復活!地元ネタ満載の愛が詰まったステージにファン昇天

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP