ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

May J.「1万人と歌うことはたぶん一生に一度、歌の素晴らしさを再認識。」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
May J.「1万人と歌うことはたぶん一生に一度、歌の素晴らしさを再認識。」

 佐渡裕が総監督・指揮を務める「サントリー1万人の第九」が12月7日、大阪城ホールで開催され、May J.も1万人の合唱団とともに迫力ある歌声を響かせた。

 「サントリー1万人の第九」は今年で32回目を迎える世界最大規模の合唱コンサート。抽選で選ばれた小学1年生から95歳までの1万人の合唱団員が、3ヶ月以上のレッスンを重ね当日を迎えた。第一部は『「ラ・ペリ」のファンファーレ』で華やかに幕開け。佐渡は「1万人の第九は、参加している1万人がそれぞれの思いを持っている。1万通りの思いを歌にこめてほしい。」と話した。さらに、ゲストとして白いドレスに身を包んだMay J.が登場。「1年の最後に1万人の皆さんと歌うのを楽しみにしていました。超スペシャルです!」と語り、合唱団ととともに「Let It Go~ありのままで~」を力強く歌い上げた。

 第二部では井川遥が登場しシラーの詩「歓喜に寄せて」を朗読。静まり返る大阪城ホールに響く井川の声を受け継ぎ、いよいよ佐渡の指揮で「ベートーヴェン:交響曲第9番」が始まった。今年は2011年東日本大震災直後に「第九」を演奏したケルン放送響や東北3県から集まった合唱団150人も参加し、それぞれの思いを胸に込め「歓喜の歌」で1つになった。

 公演を終え、佐渡は「音の神殿のようなすばらしい空間が作れたと思います。東北から来ていただいた150人の方には現地にもどって復興のリーダーとして、少しでも力になってもらえたら。」とコメント。司会を務めた羽鳥慎一も「東北会場の練習も見てきて、1万人いれば1万通りのドラマがあることも知りました。来年もぜひ練習から参加したい。」と述べた。本イベントの模様は、12月23日にJNN系列8局ネットで放送される。

◎開催概要『サントリー1万人の第九』
日時:2014年12月7日(日)14:00会場 15:00開演
会場:大阪城ホール
出演:佐渡裕、May J.(第一部歌唱ゲスト)井川遥(第二部朗読ゲスト)
ソリスト:並河寿美 (ソプラノ)、手嶋眞佐子(メゾ・ソプラノ)、吉田浩之 (テノール)、キュウ・ウォン・ハン(バリトン)
管弦楽:1万人の第九オーケストラ(兵庫芸術文化センター管弦楽団・ケルン放送交響楽団)
弦楽:スーパーキッズ・オーケストラ
吹奏楽:大阪府立淀川工科高等学校吹奏楽部
合唱:1万人の第九合唱団
司会:羽鳥慎一、豊崎由里絵(MBSアナウンサー)

◎放送概要『32nd 1万人の第九 全部見せます!歓喜の大合唱ができるまで』
日時:2014年12月23日(火・祝)午後1時55分~2時52分
TBS系列8局ネットで放送予定(毎日放送(MBS)、東京放送(TBS)、北海道放送(HBC)、中部日本放送(CBC)、RKB毎日放送(RKB)、TBC東北放送(TBC)、IBC岩手放送(IBC)
テレビユー福島(TUF))

More info:http://www.mbs.jp/daiku/

関連記事リンク(外部サイト)

『第57回グラミー賞』ノミネート発表、ビヨンセ、サム・スミス、ファレルらが最多6部門、日本人アーティストも
サラ・オレイン、アルバム『SARAH』発売記念コンサート大盛況で終了
玉置浩二 「音楽の宿命的出会い」自身初のフルオーケストラ公演が決定 1月にはビルボードライブ単独公演も

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。