ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高岡早紀、23年ぶりのコンサートでジャズ・ピアニストの山下洋輔と初共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月22日に、23年ぶりに歌手としてニュー・アルバム「SINGS -Bedtime Stories-」をリリースした高岡早紀が、12月5日東京・渋谷JZ Bratにて、同じく23年ぶりに、同名のコンサートを開催した。

現在は女優として活躍する高岡が歌手としてステージに立つのは、1991年にリリースしたアルバム「S’wonderful!」でのライブ以来のこと。

昨年(2013年)デビュー25周年を迎え、主演映画『モンスター』(原作:百田尚樹、監督:大九明子)エンディング曲「君待てども ~I’m waiting for you~」で久しぶりにその歌声を披露。世界的なジャズ・ピアニストの山下洋輔との共演で、新たな一面を披露しましたが、そのコンセプトをさらに発展させたニュー・アルバムのリリースを経て、山下との初共演が実現した。

会場にはこの日を待ちわびた約200人(2ステージ制/各回定員100名)のファンが詰めかけ、独特のウィスパー・ボイス、ジャジーでハスキーな歌声に酔いしれた。コンサートの幕開けは、今年、大竹しのぶ&山崎まさよしのカヴァーでも注目された名曲「黄昏のビギン」。CD「SINGS」に収録された高岡版はギターとのデュオだったが、この日は編成を増やし、ギター、ベース、ドラム(パーカッション)との共演で。「夜寝る前に静かに聴きたい」作品というCDのコンセプト同様、しっとりとした演奏で、新たな境地を切り開いた“シンガー”高岡早紀が登場した。

ステージはこのまま、大人の雰囲気で進むかと思われた矢先、アイドル時代の名曲「ガラスの夜想曲」、続いて「野蛮な憂鬱」をアコースティック編成のバンドで披露。意外にも当時とまったく変わらぬその歌声に、会場のボルテージも一気に上がった。コンサート前半では、この他、デビュー曲「真夜中のサブリナ」や、ジャジーでスウィンギーなプロモーション・ビデオでも話題になったナンバー「Ni-ya-oo」も歌唱。加藤和彦、サエキけんぞう等、豪華作家陣が手がけた楽曲により、“アイドル・ポップスの枠を超えている”と語られた完成度の高いパフォーマンスをライブで見せつけ、23年ぶりの歌手・高岡早紀との再会を集まったファンは大いに喜んだ。

そして、コンサート後半から、いよいよ、スペシャル・ゲストの山下洋輔が登場。高岡との縁を、山下は「高岡早紀の体にはジャズが染みついている。父親は、横浜馬車道の老舗ジャズ・ライブ・スポット『エアジン』を創設した高岡寛治だ。親友だったので、彼の早逝後、子供達の『おじさん役』を任じて来た。そして、彼女が芸能界にデビューした頃から『ジャズを歌う時はヨースケ・オジチャンが伴奏するからね』と吹き込んでおいたのだ。とうとうそれが実現して、とても嬉しい」とコメントしている。

彼女が幼い頃から親しんできた音楽“ジャズ”のテイストを取り入れたニュー・アルバム「SINGS -Bedtime Stories-」より、レコーディング同様、高岡と山下によるデュオ演奏で、「アゲイン」「星影の小径」「エヴリタイム・ウィ・セイ・グッバイ」という洋邦のスタンダードをたっぷり披露。最後は、映画エンディング曲「君待てども ~I’m waiting for you~」でステージを締めくくった。

女優として輝かしいキャリアを積んできた高岡早紀だが、今回の素晴らしいステージを機に、今後はシンガーとしての活躍にも注目が集まりそうだ。12月10日には、地元・横浜モーションブルーでの公演が決定している。

このステージの模様は、いち早く、YouTube限定で公開している。CD「SINGS -Bedtime Stories-」収録のスタンダード曲「アゲイン(Again)」。東洋人初のアカデミー賞を受賞した女優・歌手のナンシー梅木が、1953年に録音した野川香文による訳詞でカヴァー。2人の共演を、1カットでダイレクト収録している。

高岡早紀コメント
23年ぶりにライブができて感無量です。2年前、映画『モンスター』のエンディングを歌わせて頂けることになったとき、演奏はぜひ山下洋輔さんにお願いしたいと思いました。洋輔さんは、“いつかジャズを歌うことになるよ”、“そのユニークでハスキーな声、それがジャズなんだよ”ってずっとおっしゃっていたのですが、ようやくこういう機会に恵まれて、洋輔さんとファンの皆さまのおかげで、このステージに立つことができました。

セットリスト
M01. 黄昏のビギン
M02. ガラスの夜想曲
M03. 野蛮な憂鬱
M04. 胸の振り子
M05. 真夜中のサブリナ
M06. Ni-ya-oo
M07. アゲイン(共演:山下洋輔)
M08. 星影の小径(共演:山下洋輔)
M09. エヴリタイム・ウィ・セイ・グッバイ(共演:山下洋輔)
M10. 君待てども ~I’m waiting for you~(共演:山下洋輔)
アンコール
M11. SLEEP WALKER

高岡早紀 feat. 山下洋輔(P)「アゲイン」[Live at JZ Brat, 2014 Dec 5]

リリース情報
アルバム「SINGS -Bedtime Stories-」
2014年10月22日(水)発売

Deluxe Edition(生産限定盤)(CD+DVD)VIZL-731 4,300円+税

通常盤(CD)VICL-64126 1,800円+税

関連リンク

ビクターエンタテインメント 高岡早紀オフィシャルサイトhttp://jvcmusic.co.jp/sakitakaoka/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP