ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バック・トゥ・ザ・フューチャーの『ホバーボード』ついに実現化―日本でも販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社ドゥモアは、アメリカHENDO HOVER社製、次世代ホバーボード『HENDOホバーボード』を国内販売すると発表した。
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場する、空中に浮かぶスケートボードがついに実現化する。

HENDO HOVER社は、この商品を実現化するため、『HENDOプロジェクト』を発足し、クラウドファンディング『Kickstarter』で目標金額を超える48万ドルを集めたことでも話題になった。

【関連:シャープの『萌えるロボット掃除機』の未来が意外と壮大だった件】

『HENDOホバーボード』は、『マグネティック・フィールド・アーキテクチャー(MFA)』という、レンツの法則を応用した、ホバリングシステムエンジンを搭載。ボードに組み込まれた4個のホバリングシステムエンジンが強力な磁界を発生させ、浮力を生成する仕組みになっている。

また今回は、研究開発者向けに、MFAに基づいた小型エンジン開発キット『HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-』もあわせて販売される。
『HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-』は、任意の筐体に組む事が可能で、iPhoneやAndroidなどのスマホから、ホバーを左右前後に動かしたりコントロールすることができる。

なお、ネットショップ『ドゥモア・ショップ』で、既に予約受付が開始されている。『HENDOホバーボード』は価格130万円(税別)で、出荷開始は2015年10月を予定。『HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-』は、価格15万円(税別)で、出荷開始は2015年7月予定となっている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP