ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HKT48、全国ツアー番外編の台北公演開催&台湾にてメンバーオーディション開催を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

©AKS
今年9月よりスタートした初の全国ツアー「HKT48全国ツアー 〜全国統一終わっとらんけん〜」の番外編として12月7日、日本を飛び出し台湾にてコンサートを開催した。AKB48グループ内でも台湾でのコンサートは初となる。

会場となった台北ATT SHOW BOXは開場前から長蛇の列が出来、ロビーでは映像の上映や衣装展、またメンバー等身大の“のぼり”が登場し、開場中のロビーは大変な賑わいをみせていた。

約800名の観客の大歓声のなか始まった公演の1曲目は、博多の名物やスポットが歌詞に登場する「HKT48」を台湾バージョンにアレンジした「台湾48」でスタート。台湾名物の「小龍包」や「故宮博物院」などのワードが盛り込まれており、会場も大盛り上がり。冒頭のMCで指原莉乃が「東日本大震災の際の義援金と温かいご言葉、本当にありがとうございました。今日は感謝の気持ちを込めて恩返ししたいと思います」と話すと、温かい拍手が起こっていた。

©AKS
覚えた中国語を各メンバーが披露したり、台湾出身のテレサ・テンさんの「つぐない」を森保まどかがピアノ演奏、多田愛佳・神志那結衣・坂本愛玲菜・村重杏奈の4名がしっとりと歌い上げ、本編最後にはメンバーが猛練習していた台湾の5人組ロックバンド五月天(メイデイ)の「戀愛ING」を披露。これには会場から驚きの歓声が上がり、ファンの方との大合唱となった。

©AKS
また、アンコール終了後、12月8日に20歳の誕生日を迎える多田愛佳に向け、「らぶたん」コールが起こると、予定になかったダブルアンコールで「スキ!スキ!スキップ!」を急遽披露。大盛り上がりで台湾公演は幕を閉じた。

©AKS
公演中盤のMCで、突然指原に一枚の紙が渡された。他のメンバーや会場もざわつく中発表されたのは、昨日の前夜祭イベント・台北101での盛り上がりを受け急遽決定した、台湾でのAKB48グループメンバーオーディションの開催。メンバーは「びっくりしたー!!」と話し、会場からも驚きの声が上がってた。

©AKS
©AKS
12月7日(日)台湾/台北ATT SHOWBOX 公演
セットリスト

M0. overture (HKT48 ver.)
M1. 台湾48
M2. 君のことが好きやけん
M3. 会いたかった
M4. 桜、みんなで食べた
MC
和コーナー
M5. 和Dance
M6. フライングゲット ~和Ver~
M7. 恋のお縄
M8. RIVER
(穴井・多田・木本・栗原・神志那・兒玉・指原・田島・田中美・朝長・松岡・宮脇・本村・森保・矢吹・山本)
M9. 毒蜘蛛
(穴井・多田・木本・栗原・神志那・兒玉・指原・田島・田中美・朝長・松岡・宮脇・本村・森保・矢吹・山本)
MC
M10. つぐない/テレサ・テン(多田・神志那・坂本・村重/ピアノ演奏:森保)
M11.
完璧ぐ〜のね(荒巻・田中美・朝長・矢吹)
M12. 君は僕だ(穴井・栗原・宮脇)
M13. それでも好きだよ(指原)
M14. 週末Not yet(木本・田島・渕上・山本)
M15. Dear J(兒玉・松岡・本村)
MC
M16. AKB48グループメドレー
前しか向かねえ(AKB48) Everyday、カチューシャ(AKB48) 1!2!3!4! ヨロシク!(SKE48) オキドキ(SKE48) 北川謙二(NMB48) オーマイガー!(NMB48) ヘビーローテーション(AKB48)
MC
M17.
お願いヴァレンティヌ
(穴井・多田・木本・栗原・神志那・兒玉・指原・田島・田中美・朝長・松岡・宮脇・本村・森保・矢吹・山本以外の全メンバー)
M18. 初恋バタフライ
(穴井・多田・木本・栗原・神志那・兒玉・指原・田島・田中美・朝長・松岡・宮脇・本村・森保・矢吹・山本)
M19. ウインクは3回
(穴井・多田・木本・栗原・神志那・兒玉・指原・田島・田中美・朝長・松岡・宮脇・本村・森保・矢吹・山本)
M20. 大声ダイヤモンド
M21. スキ!スキ!スキップ!
M22. 戀愛ING/五月天(メイデイ)
ENCORE
EN1. 控えめI love you !
(穴井・多田・木本・栗原・神志那・兒玉・指原・田島・田中美・朝長・松岡・宮脇・本村・森保・矢吹・山本)
EN2. ロックだよ、人生は・・・
MC
EN3. 恋するフォーチュンクッキー
EN4. メロンジュース
ダブルEN. スキ!スキ!スキップ!

関連リンク

■HKT48公式サイトhttp://www.hkt48.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP