ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タクシーの人気の目的地から探る!ストックホルム市内のホットスポットのヒートマップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

携帯電話やスマートフォンの爆発的普及によって、手元で何でもすぐにWebで調べてしまう、という人も多いのではないだろうか。これまでは何か情報を調べようと思ったら、書籍を引っ張り出して、専門家の意見を参考にすることが当たり前だったが、今ではWebのソーシャルメディアで一般ユーザーの口コミを参考にする、なんてこともよくあることだ。

ストックホルムのタクシー会社が提供するヒートマップ

旅行計画を立てるときなどは特に、他の人がどうしているのか、どこへ出かけているのか、ユーザーの口コミが気になるだろう。スウェーデンのタクシー会社Taxi Stockholmでは、ストックホルム市内のタクシーの行き先を反映したヒートマップ「Taxi Trails」をローンチした。都市を訪れた旅行者たちにとって、現地の人たちの動向を知り、街のホットスポットを訪れるきっかけとなる。

このプラットフォームでは同社が保有する全タクシー車両のGPSデータを追跡し、年間800万件に及ぶ走行データを基盤にしている。タクシーを利用する人は、現地の人から旅行者までさまざま。

走行データをリアルタイムに累積していき、彼らが足を運ぶホットスポットデータを提示する。マップ上に示されるカラーは無色、白色、黄色、オレンジ色となっており、走行先数が多いエリアはだんだんと色が濃くなる。にぎわっている目的地が一目で見て取れるようになっているのだ。

カテゴリ別に表示切替が可能 穴場スポットが見つかるかも

マップ表示は、カテゴリ別の表示切替ができるようになっていて、昨年または先月、日中または夜間、平日または週末、といったカテゴリで区分けできる。面白いのが“posh”“ hip”の切り替え。ストックホルムの高級住宅地エリアOstermalmから乗り込んだ客は“posh”、港や娯楽施設などが集まるエリアSodermalmからの客は“hip”としてデータ集積される。ちょっとリッチな旅を考えている旅行者なら“posh”のデータが、ストックホルムの今の流行りを追いかけたいなら“hip”が、参考になるかもしれない。

ユーザーにとっては、ストックホルム市内の生のデータから、ガイドブックには載っていないような、新しいスポットを発見する楽しみがある。スポットの目星が付いたなら、Google Street Viewで付近の映像をチェックしてみてもよいだろう。

タクシー会社が利用者の統計という自社データを活用して、新しい切り口で、潜在的顧客のタクシー利用を促そうというユニークな試みである。

Taxi Trails

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP