ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NEC常務も飛んだ!ダチョウ倶楽部がスカイツリーで逆バンジーに挑戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NECが東京スカイツリーで12月6日から開催中のイベント「LaVie CHALLENGE!!」にダチョウ倶楽部が参戦。日本初上陸となる”逆バンジージャンプ”マシンで上島竜兵が空高く舞い上がった。

この「LaVie CHALLENGE!!」は、NECが11月から展開している『LaVie CHALLENGE キャンペーン』の一環となるイベント。あの武井咲が出演する、最新型ノートパソコン「LaVie Z」のテレビCMと連動しており、同製品の最大の特長である”軽さ”や、同シリーズが提案する”想像を超える世界”を直感的に感じてもらうために開催されたイベントだ。

会場となるスカイツリー4Fの特設ステージには、巨大なバンジーマシンと天秤が鎮座。天秤の片側に乗せられた「LaVie Z LZ750/TS」に対し、ベルトコンベアーから次々に運ばれてくるモノ(ボール、置き物、クッション、ぬいぐるみ等)から、パソコン本体重量(795g)と”合計重量”が均等の重さだと思うモノを2つチョイスし、見事つり合ったら「LaVieZ LZ750/TS」がプレゼントされるというものだ。ただし失敗すると、高さ18メートルまで瞬時に飛び上がる世界最大級の英国製逆バンジージャンプマシン”Jumpzone Big Air”で空高く飛ばされてしまう。

6日に行われた”飛び初め式”に参戦したダチョウ倶楽部はさっそく、お約束の「どうぞどうぞ」ネタの流れから上島が逆バンジーにスタンバイ。リーダー&ジモンは真剣に吟味した結果スカイツリーの置物と小さな植木をチョイスし天秤に乗せたが、残念ながら(?)軽すぎたため、あえなく上島が逆バンジーに挑戦することとなった。

空高く舞い上がった上島に、観客からは悲鳴にも似た歓声が巻き起こったが、数々の体当たり芸をこなしてきた上島は「殺す気か!」と笑いを誘いつつも「ブレが少なくて体に負担がない」と英国製逆バンジーを評価。一般客も18歳以上56歳未満の健康な人といった条件(他条件は公式サイト要確認)を満たせば、気兼ねなく参加することができそうだ。

また、NEC常務の留目氏も無理やり逆バンジーを体験させられるなど、大いに盛り上がったこの日のイベント。期間は12月7日(日)の19時までとなっているので、「LaVieZ LZ750/TS」をゲットしたい人、もしくは逆バンジーをいち早く体験したい人はスカイツリーへ急ごう。

■参照リンク
LaVie CHALLENGE!! キャンペーンサイト
http://laviechallenge.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

マクドナルドの新作「かにコロッケバーガー」にまたもや手厳しい声殺到
ATMの鏡で化粧する非常識ギャルに後ろの女性がブチギレ 掴み合いの大喧嘩
世界最大級!体重5キロの巨大ロブスター(年齢70歳以上)が出現し地元民が騒然
現代男子の意見の平均値をイコール「理想の彼女」って言っちゃうのはどうなんだろう?
米研究者らが発表した「飛行機旅行の際に病気になるリスクを回避する方法」とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP