ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地震、津波、台風……災害時に役立つスマホ向けサービスまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


出典:災害写真データベース

地震やそれに伴う津波、台風などの風水害、さらには火山噴火など、日本は災害に見舞われやすい自然環境にある。もし災害が発生し、自身が遭遇した場合には、頑丈な建物に身を置くなど、まずは自分の命を守ることを再優先にしなければならない。そして、安全が確保された後は、親族や知人などへ安否を知らせたいと考えるのではないだろうか。

スマートフォン(スマホ)、携帯電話はそのような緊急時の連絡手段として思い浮かぶが、災害を想定したサービスも用意されている。避難訓練を重ねるのと同様に、災害発生時のスマホ利用法を平時から理解しておくことで、万が一の事態に備えたい。そこで今回は、auの災害対策向けサービスを例に、その内容や利用方法について解説する。

【1】緊急速報メールの設定

初期微動を感知することで、大きな揺れが到達する前に地震の警報を発する緊急地震速報。携帯電話各社は、大規模な地震が発生した際に、メール形式での緊急速報メール配信を実施している。

スマホの出荷時には、この緊急速報メールを受信できる設定になっているが、念のため、受信可能となっているかを、いま一度確認しよう。

まず、au Market(Android)/App Store(iOS)を起動し、「au災害対策」と検索。「au災害対策アプリ」をダウンロードし、起動。そして、緊急速報メール→設定→緊急地震速報を選択していくと、受信できるか否かの設定状況が確認できる。

フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)の場合は、メールボタン長押し→Cメールメニュー→緊急速報、と選択していくと、「受信設定」が表示され、そこで確認が可能だ。

【2】災害用伝言板サービス

大規模災害発生時は、安否確認などによる全体の通信量が急増し、なおかつ行政などの回線利用が優先されるため、通話に規制がかけられる。とはいえ、周囲の人に安否を知らせることが全くできないわけではなく、「災害用伝言板サービス」とそれに付随した「安否お知らせメール」機能を併用することで、最大5件のメールアドレスに自分の現況を知らせることができる。スマホであれば、先ほどの災害対策アプリのトップ画面に、災害用伝言板があるので、それを選択。一方、フィーチャーフォンの場合は、EZボタンを押すとトップメニューに災害用伝言板が用意されている。

そして、安否お知らせメールを利用するためには、災害用伝言板のメニューに「安否お知らせメール設定」があるので、これを選択すれば送信したいメールアドレスを登録できる。

【3】災害用音声お届けサービス

災害用伝言板サービスは、安否確認で大きな役割を果たすが、中には「家族の生の声を聞きたい、自分の声を聞かせたい」という人もいるだろう。そんな場合に活用できるのが「災害用音声お届けサービス」で、大規模災害発生時に自分の声を保存できる。

利用方法はau災害対策アプリから、災害用音声お届けサービスを選択。そして、声をお届け→お届け先を選択(アドレス帳から指定可能)→お届けしたい声を録音、で音声の保存が可能。なお、体験サービスも実施しており、毎月1日、15日などに利用できる。

【4】災害情報

災害対策アプリには、「災害情報」のメニューも設けられている。自治体が配信する災害・避難情報の履歴や、災害情報ポータル、社会貢献サイトなどの閲覧が可能。災害が起こったときに必要となる情報が掲載されるので、発生時には随時、確認してみてはいかがだろうか。

関連リンク(外部サイト)

au 災害時・緊急時対策

関連記事リンク(外部サイト)

冬は絶対重宝する! スマホで靴の中を温める専用インソール
残業が多い人は必見! ”座りっぱなし”を知らせるクッションで自分を守れ
これは今欲しい! 音楽が聴けるニット帽で充実の音楽ライフを

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP