ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

冬は絶対重宝する! スマホで靴の中を温める専用インソール

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

冬になると足先の冷えに悩まされる人は多いのではないだろうか。ブーツを履く、厚めの靴下を履く、足用のカイロを利用する……などの対策を取っている人もいるだろう。そんな冷え性な方に紹介したいデジタルグッズが、「Digitsole(ディジットソール)」だ。

冬は絶対重宝する! スマホで靴の中を温める専用インソール

これは、靴の中の温度を調整できるインソール(中敷き)。スマートフォンと連携させることにより、アプリで温度調節ができ、0℃から40℃までの設定が可能。自分が「ちょうど良い」と感じる温度を1℃単位で微調整することができる。

ユーザーは、アプリをダウンロードし、Bluetoothでスマートフォンと「Digitsole」をペアリングさせれば準備OK 。続いて、靴の中に「Digitsole」を敷き、アプリ上の「温め開始」ボタンを押せば、じわりと靴の中が温まっていく。あとは、アプリの調節バーで温度設定をすればいいだけ。なお、このソールは、激しい運動をしても脱げないように設計されているので、スキーやスノーボードなどウィンタースポーツ愛好家にもお薦め。

さらに「Digitsole」は、歩数や歩いた距離を計測し、「燃焼カロリー」を計算することもできる。つまり、寒い時期に限らず、ユーザーの健康面を管理しサポートしてくれる心強いデバイスといえるだろう。

価格は199ドル(約23,000円)で、webサイトから購入できる。つま先の冷えに困っている方、この冬にウィンタースポーツを楽しみたい方、ウォーキングをしている方は試してみてはいかがだろうか。

参考情報(外部サイト)

Digitsole

関連記事リンク(外部サイト)

地震、津波、台風……災害時に役立つスマホ向けサービスまとめ
着けるだけで運動したくなる「SHINE」のポテンシャルが半端ない!
残業が多い人は必見! ”座りっぱなし”を知らせるクッションで自分を守れ

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。